大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年6月23日号 エリアトップへ

二宮町 各地域にみんなの居場所 住民主体の「通いの場」開設

社会

掲載号:2017年6月23日号

  • LINE
  • hatena
ストレッチで体をほぐす元町北地区の参加者
ストレッチで体をほぐす元町北地区の参加者

 地域の人々が集い、介護予防のための健康づくりやレクリエーション、おしゃべりなどをして交流する「地域の通いの場」が、二宮町で4月にスタートした。自治会や老人クラブのゆめクラブ、地区社協、ボランティアなどが連携し、町内15地区で開催されている。

 これまでの地域ミニ・デイサービスやサロンは要介護認定などの要件や登録制で実施していたのに対し、通いの場は子どもから大人まで誰でも参加できるのが特徴。最初の30分程度は体操を取り入れた健康づくりを行い、その後は各地区独自のプログラムを組んでいる。

 元町北地区では毎週月曜日に防災コミュニティーセンターで通いの場・サロン元北カフェを開催。週ごとに内容を変え、12日は町社協から健康運動指導士を迎えてマッサージや数字のゲームで体と頭の体操を行った。歌の時間に移ると、会場はさながら歌声喫茶に。大正15年生まれという武田恵美子さんは「ここに来るのが楽しみ。生きがいになっている」と笑顔を見せた。

 この日は参加者と手伝いのボランティアなど約50人が集合。地区社協部会の会長を務める佐野健さんは「リーピーターは多い。まだ手探りの状況だが、来た人に喜んでもらえる通いの場を継続していきたい」と話す。

 19日には富士見が丘児童館で富士見が丘・松根地区の通いの場・陽だまりが開かれ、40人以上が集まった。男性の割合も半数近くと高い。

 健康づくり普及委員の指導で体操を行った後、近所に住む声楽家が登場し、アべ・マリアを披露。参加者も一緒に歌声を合わせたり、持ち寄った庭の草花で生け花をしたり、麻雀を楽しむグループや囲碁を打つ人などもいて思い思いに過ごした。保健師や管理栄養士などの資格を持つ参加住民による健康相談も開かれた。

 陽だまり実行委員会の柏原昭彦会長は「現在は月4回平日に開催しており、今後は土日にも開いて子育て世代や子どもたちを交えた世代間の交流を図れるようになれば」と話す。

 通いの場は2地区で準備を進めており、10月から全地区で実施される予定。

「陽だまり」に集う住民
「陽だまり」に集う住民

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

新型コロナに追加対策

大磯町

新型コロナに追加対策 政治

教育・地域経済支援など

7月10日号

文豪らの書「お手元に」

徳富蘇峰記念館

文豪らの書「お手元に」 文化

書簡複写シリーズ化・頒布

7月10日号

大磯区間が全線開通

太平洋岸自転車道

大磯区間が全線開通 社会

周遊環境向上に期待

7月3日号

県民功労者に花田亮(まこと)さん

県民功労者に花田亮(まこと)さん 社会

食品衛生の向上に尽力

7月3日号

人力で練習道を整備

星槎国際高校湘南

人力で練習道を整備 教育

陸上競技専攻の留学生ら

6月26日号

安田靫彦との親交示す

大磯ゆかりの日本画家

安田靫彦との親交示す 文化

吉田茂の書簡 町へ寄託

6月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

疫病封じへお守り作り

疫病封じへお守り作り

大磯で飾り結び講習会

7月18日~7月18日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク