大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年6月23日号 エリアトップへ

漁協組合長 加藤さんに功労者表彰 漁業経営の安定化に尽力

社会

掲載号:2017年6月23日号

  • LINE
  • hatena
加藤組合長
加藤組合長

 大磯二宮漁業協同組合代表理事組合長の加藤孝さん(73)=大磯町=が、今年度の県民功労者表彰を受賞した。組織の基盤強化と漁業経営の安定化に貢献した功績が評価され、「漁業振興に取り組む組合の代表として、賞をもらえたことはうれしい」と加藤さんは受賞を喜んだ。

 同表彰は、公共福祉の分野で長年にわたり地域に貢献し、優れた業績をあげた人をたたえる県の最高表彰の一つ。70回目となる今年度は43人が受賞した。

 加藤さんは、67年の歴史を持つ大磯漁協で10年以上、組合長の要職に就く。35人の組合員が所属し、漁獲量はサバやシラスなどを中心に例年250〜300トン。今年4月、人手不足に陥っていた二宮漁協が大磯と合併したことで「組合員と漁獲量の増加を事業の追い風にしたい」と期待する。

 中学校を卒業後、父親の背中を追うように漁師の道へ進んだ。手漕ぎの箱舟に乗り込み、父親が手際よく鯛を一本釣りする様子を見よう見まねで学んだという。

 1995年には、定置網漁を行う「湘南定置」を創業。漁港にある「めしや大磯港」の運営も手掛けるほか、水産加工部門ではサバの燻製やイサキのジャーキーといった加工品販売で六次産業化にも取り組む。

 高齢化や後継者不足が深刻な漁業の趨勢を見てきた1人として「若い人たちに、もっと海や漁師に興味を持ってほしい」と願う。2019年には大磯港周辺に港湾版道の駅「みなとオアシス」がオープンする予定で、漁協事務所や直売所などを一体的に整備した施設の構想が進む。加藤さんは「大磯港ににぎわいを生む起爆剤となるよう、事業を見守っていきたい」と話した。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

「助け合いに役立てて」

「助け合いに役立てて」 社会

二宮ライオンズが寄付

1月14日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

まちかど事件簿

丹精込めた洋蘭ズラリ

丹精込めた洋蘭ズラリ 文化

チャリティー販売も

1月14日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月14日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook