大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

春高バレーに出場する伊勢原高校バレー部の主将を務める 北村 果穂さん 二宮町山西在住 17歳

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena

「全員バレー」で春高臨む

 ○…「もう、古豪とは呼ばせない」。夏のインターハイ出場でつかんだ自信と勢いそのままに、春の高校バレー県予選で躍動した。県内2強の一角、川崎橘を準決勝で破り、3年ぶりの本戦出場。川崎橘とは今年に入り、新人戦やインターハイ予選など計4戦に全勝するなど、着実に力を付けてきた。1・2年生の頃にはつかむことができなかった春高の切符を手にし、目指すのは「歴代最高成績のベスト8」と宣言。主将として、高校生活最後の大会に挑む。

 〇…2歳上の姉と共に、小学2年生で競技を始めた。強豪で知られる中井ジュニアに入団し、厳しい練習に6年間耐え抜いた。叩き込まれた基礎は今でもバレーの下地になっているといい、大会出場を決めるとチームを訪ねて報告を行うなど義理堅い。後輩の練習を手伝うこともあるといい、「あんなに怖かった監督が、今ではすっかり丸くなっていて驚きます」と笑う。

 〇…伊勢原高校入学後は、ライバルに埋もれて思うように芽が出なかった。それでも「今の自分にできるのは、3年生が気持ちよく練習できる環境を作ること」と、ボール拾いやコート外の雑務に徹した。1年生の秋に出場した練習試合で活躍し、以来レギュラー争いに絡むように。身を粉にして取り組んだ練習とチームを支える献身的な努力が実を結び、40人近い部員をまとめるキャプテンシーも身についた。

 〇…「プレーヤーだけがチームの戦力じゃない」。目の前の勝負に全力を注げるのは、多くの支えがあるからだと感じる。試合があれば両親も応援に駆け付け、母が撮影したビデオを夕食時に父と観て反省点を振り返る。普段はバレーの話をすることが少ない姉も、大事な大会の前には応援の手紙を部活のバッグに忍ばせてくれた。レギュラーをつかめず涙をのんだ部員は数多い。だからこそ、1試合でも多くコートに立ち、勝利の喜びを分かち合いたい。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

渋谷 武美さん

大磯町で彫刻の個展を開催している

渋谷 武美さん

小田原市在住 80歳

4月9日号

オダギリ ミホさん

里山歩きマップを制作し、まちづくり基本計画のイラストも担当した

オダギリ ミホさん

大磯町在住

4月2日号

蓮見 康二さん

2月にJR平塚駅と大磯駅の駅長に就任した

蓮見 康二さん

東京都在住 52歳

3月26日号

笹崎 浩孝さん

大磯・二宮など3市2町を管轄する平塚税務署の第75代署長を務める

笹崎 浩孝さん

横浜市在住 60歳

3月19日号

田中 貴規さん

2020年・21年度平塚逸品研究会の会長を務める

田中 貴規さん

平塚市在住 37歳

3月12日号

大沢 知明さん

昨年9月から平塚市倫理法人会の6代目会長を務める

大沢 知明さん

平塚市在住 40歳

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

温かな彫刻30点

温かな彫刻30点

渋谷武美さんの小品展

4月2日~4月12日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク