大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

大磯町の中学校給食 自校方式など検討へ 来年度予算案に調査費

社会

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena
15日の委員会の様子
15日の委員会の様子

 大磯町の町立中学校2校で給食の提供が一時休止となっている問題で、町教育委員会は来年度、自前で給食調理が可能な施設整備などの可能性を検討する調査に乗り出す方針を示した。

 新しい給食方式の導入を検討するため、調査費を来年度の当初予算案に盛り込む考え。15日の町議会福祉文教常任委員会で、仲手川孝教育部長が明らかにした。

 町教委は、保護者や学校関係者らでつくる中学校給食に関する懇話会が7日に開かれたことを受け、大磯・国府両中学校に調理施設を整備する「自校方式」を望む保護者の意見など、懇話会で出た議論を踏まえて事業予算や用地整備などの課題を整理する。

 委員会では、考えられる方式として自校方式のほかに、▽小中学校4校分の調理施設を町内に建設する「センター方式」▽小学校の調理施設で中学校の給食も作る「親子方式」―などが示された。調査費を予算化することで、コスト試算を基に現実的な方式の選定を進める。

 中崎久雄大磯町長は「時間はかかるが、専門家の知識を導入し、将来の大磯町の給食にとってどういう方式がいいものであるかを考えたい」と述べた。

 中学校給食は、給食業者に調理・配送業務を委託する「デリバリー方式」として昨年1月に始まった。しかし大量の食べ残しが判明し、製造過程での異物混入といった問題も発覚。町は10月に給食の一時休止を決め、家庭からの弁当持参に切り替えている。

 町教委は町内業者からの弁当調達に向けた動きも見せていたが、進路選択を控えた3年生を抱える学校側からは、これ以上の混乱を避けたいとして当面は弁当方式を継続してほしいと要望があったという。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

副読本をデジタル化

小学校教科書

副読本をデジタル化 教育

沖田さんが大磯町に寄贈

3月26日号

空き家再生の人材を育成

大磯町

空き家再生の人材を育成 経済

事業運営や支援方法を習得

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter