大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

優良小売店舗表彰 落花生の田中屋受賞 「手むき」の味継承

経済

名物の手むき落花生を持つ敏雄さん
名物の手むき落花生を持つ敏雄さん
 サービスや味、技に秀でた小売業、飲食店などに贈られる県の優良小売店舗表彰で、二宮町の落花生販売店「田中屋」が神奈川県知事・神奈川県商工会連合会会長表彰を受賞した。2代目店主の田中敏雄さんは「地道に商売を続けてきたことが評価されてうれしい」と喜んでいる。

 創業80年を超える田中屋は、敏雄さんの父周作さんが落花生加工品の卸売りとして創業した。50年ほど前から、駄菓子なども扱う小売店に業態転換。敏雄さんが25歳のときに店を継いだ。

 ショーケースには、二宮や秦野産の落花生をはじめ、刻んだ落花生を練り込んだようかん、ピーナツサブレ、落花生の甘納豆などの商品が並ぶ。和の趣きと季節感を大切にしているという店内装飾は、妻和子さんの手によるものだ。

 落花生を殻の中から一つ一つ取り出す「手むき」にこだわった商品は「豆に傷が付かないので風味が良く、日持ちもする」と敏雄さん。秋に新豆が出回ることから、この時期の商品はとりわけ人気。毎年新豆を求めに大磯町から訪れるという女性客は「田中屋さんの落花生を食べたら、ほかのお店には行けません。ご夫婦の人柄も素敵」と話す。

 「何か特別なことをしているわけではないので」と謙遜する和子さんに、敏雄さんも「真面目に楽しく商売を続けているだけ」とうなずく。健康効果がうたわれるなど注目を集める落花生販売を通して、「『長寿のまち』を目指す二宮の名産として、多くの方に味わってもらえたら」と話した。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

2年連続マイナス編成

大磯町予算案

2年連続マイナス編成

2月16日号

5商品をブランド認証

中井町

5商品をブランド認証

2月16日号

3年連続全国大会へ

大磯町の石野さん

3年連続全国大会へ

2月9日号

4億8千万円の歳出超過

二宮町予算1次査定

4億8千万円の歳出超過

2月9日号

二宮勢が中央大会へ

県少年サッカー選手権大会

二宮勢が中央大会へ

2月2日号

学級閉鎖相次ぐ

学級閉鎖相次ぐ

2月2日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク