大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

青年海外協力隊員としてネパールで森林保全事業に携わる 粟村 俊也さん 二宮町緑が丘 30歳

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena

活躍の場 世界へ飛び込む

 ○…国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員として3月29日、ネパールへ向かった。赴任先は森林土壌保全省の出先機関であるミャグディ郡土壌保全事務所。現地住民が主体となって村落開発と森林保全の両立を目指すプロジェクトの推進に携わる。自然資源に対する意識啓発や普及員のサポートなどにあたり、住民と行政の橋渡し役を務めながら事業に取り組む。「現地に早く馴染めるかという不安もありますが、新しい世界へ飛び込んで行くわくわくした気持ち」と出発前の心境を語った。

 ○…海外に強い関心があった。大学の夏休みには中国の内モンゴル自治区を旅した。森林ボランティアツアーのつもりで参加したが、ボランティア活動は初めの半日だけで残りの日程はひたすら乗馬。「全然乗れないのが悔しくて、翌年にリベンジしました」。大草原を馬で疾走し、遊牧民の住居のゲルに寝泊まりする経験はロマンをかき立てた。

 ○…父の転勤で小学4年から二宮町へ。二宮中学時代は剣道に打ち込む。大学卒業後の2012年、金融機関に就職。東日本大震災の復興支援に役立ちたいと、東北地方への配属を志願した。福島支店に勤め、風評被害に悩む米農家などへ資本提供する業務に奔走。津波の爪痕を目の当たりにしたときは「コンクリートの土台だけが残っていた。そこに家があったと思うと、何とも言えませんでした」とつぶやく。

 ○…異動した九州で森林組合への融資を担当。戦後の植林が実を結び、活気づく林業と「山と関わる優しい人たち」に引かれた。昨年春、一念発起して青年海外協力隊員に応募。結婚前から夢を伝えていた妻は一番に応援してくれたという。息子を案じて初めは反対だった両親とは、粘り強い説得の末に「元気で帰って来る」と約束した。「現地を良く理解し、現地の人と一緒に良い仕事をしたい」。音楽交流もしようと、特技のリコーダーを携えた。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

内山 徹さん

大磯で約10年ぶりの個展を開く日本画家の

内山 徹さん

茅ヶ崎市在住 56歳

10月23日号

吉竹 祐子さん

くりひょうたん。の作家名で活動し、大磯で初の個展を開く

吉竹 祐子さん

茅ヶ崎市在住 47歳

10月16日号

和田 剛(たけし)さん

神奈川県自動車整備・商工組合足柄支部支部長を務める

和田 剛(たけし)さん

南足柄市在住 48歳

10月9日号

加藤 晴枝さん

元麻布ギャラリー平塚で日本画の個展を開く

加藤 晴枝さん

大磯町大磯在住 77歳

10月2日号

山本 新吾さん

元自衛官の経験を生かして大磯町の防災力向上に取り組む

山本 新吾さん

大磯町国府本郷在住 55歳

9月25日号

坂本 里沙子さん

ピアニストで、モスクワ音楽院の留学経験を記した本を出版した

坂本 里沙子さん

大磯中学校出身 26歳

9月18日号

住宅型有料老人ホーム

大磯町大磯に2019年1月オープン「アスカ大磯」ご入居見学随時開催中です

https://www.asuka-care.jp/facility/index/4

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

内なる風景 土に写す

内なる風景 土に写す

泉田之也さん陶芸展

10月23日~11月6日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク