大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

延べ1万人 優雅に踊る 二宮のさざなみダンス愛好会

文化

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
野谷会長
野谷会長

 二宮町の「さざなみダンス愛好会」が、160回目の社交ダンスパーティーを19日に開き、延べ参加人数が1万人に達した。町内外から愛好者が月に1度集い、優雅で軽快なステップを踏んでいる。

 1万人目の参加者となったのは、平塚市に住む長島成子さん。地元自治会のサークルで社交ダンスを始め、サービス業の仕事に励みながら趣味を充実させてきたという。「ルンバで腕を上げる時の素敵なポーズに憧れたのが最初。ますますダンスが楽しくなっています」と笑顔を見せる。

 「ダンスフェスティバル」と題した今回、ダンス歴約40年で第1回から参加する窪田芳子さん(93)=二宮町=が、参加100回を記録した。前回のパーティーでは会員2人が参加100回を数え、窪田さんは3人目の「精勤者」。「おかげで風邪もひきません」と、ぴんと伸びた姿勢が美しい。

紳士淑女が交流

 同会は、社交ダンス愛好家の交流と技術向上を図ろうと、野谷浩司会長(79)ら9人のスタッフで2004年2月に結成された。毎月第3土曜日に駅前町民会館でパーティーを開催。町内のほか近隣の小田原市や平塚市、湯河原町などにも会員がいて、これまで588人に会員証を発行した。今年3月末に町民会館が閉鎖したため、隣の二宮小学校体育館を借りて活動を続ける。会員は70代・80代が中心というが、実年齢より若々しい紳士淑女がなごやかにダンスを楽しんでいる。

 野谷会長は「社交ダンスは認知症の予防や健康長寿にも役立ちます。これからも会員に楽しんでもらい、スタッフもそれを生きがいとして頑張っていきたい」と話す。

社交ダンスを楽しむ参加者
社交ダンスを楽しむ参加者

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

公道での聖火リレー中止

公道での聖火リレー中止 スポーツ

県の決定 開催地に衝撃

6月18日号

公共施設再編へ青写真

公共施設再編へ青写真 政治

二宮町「今年度内に計画策定」

6月18日号

集材を簡単・安全に

自伐型林業

集材を簡単・安全に 社会

中井町の山林で講習会

6月11日号

学校トイレに生理用品

中井町

学校トイレに生理用品 社会

福祉課窓口などで配布も

6月11日号

固定電話へ災害情報

二宮町

固定電話へ災害情報 社会

ハザード区域の高齢者ら対象

6月4日号

陸上3選手が関東へ

星槎国際湘南

陸上3選手が関東へ スポーツ

インターハイ県予選で活躍

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯のアオバト描く

大磯のアオバト描く

日本画家・前田さん個展

6月11日~7月5日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter