大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

二宮町観光協会の会長に就任した 田邊 邦良さん 二宮町二宮在住 69歳

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena

二宮の観光振興推進へ始動

 ○…生まれも育ちも二宮町。町商工会の会長を6年間務め上げたところで「町のためにお役に立てるならば」と、観光協会の会長を引き受けた。歴代の町長が兼任していた会長に民間人が就くのは初めて。理事会にも新メンバーが加わった。民間の活力を注ぎ、町の観光振興を推進していく。「二宮を訪れてもらうのはありがたいこと。同時に町内でお金を使ってもらい、地域も潤って成立する観光」を目指す。

 ○…目下の課題は、協会事務所の場所。駅前町民会館の閉鎖に伴い、今春から町民センター内へ移転した。観光案内所としての役割を持つ事務所は駅前の分かりやすい場所にあるのが理想だと、改善策を模索する。北海道の十勝に行ってきたばかりで「最近はどこに出掛けても観光協会の立地が一番気になります」

 ○…国が「明治記念大磯邸園(仮称)」を整備する方針を示し、2年後の東京五輪では大磯プリンスホテルがセーリングの選手村になる。「大磯に来る人の流れを二宮にも作りたい」。それには「二宮町単独ではなく、近隣市町と手を携えて広域的に観光振興を図ることが必要」と展望する。会長就任後すぐさま、商工会などで培った人脈を生かして大磯町観光協会と懇談の席を設けた。

 ○…海産物問屋として大正10年に創業した田邊の4代目。子どもの頃は家業を手伝い、二宮駅で荷をトラックに積み替えていると、友だちがよく手伝ってくれたという。「人数を揃えて早く野球がしたかったから」。青年時代の静岡の鰹節屋での修業が「私の原点」と語り、一人前になるまで「多くの諸先輩に育てていただいた」と感謝する。商売でも人づきあいでも誠実が信条。古希が近いとは思えない若さの秘訣を聞くと「自然食品を売っているので」と笑った。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

山口 智さん

湘南ベルマーレの新監督に9月1日付で就任した

山口 智さん

茅ヶ崎市在住 43歳

10月22日号

府川 龍三さん

シェアキッチンを通じて、地域コミュニティの醸成に取り組む

府川 龍三さん

大磯町在住 41歳

10月15日号

藤井 兼弘さん

大磯で5年ぶりに油彩画の個展を開く

藤井 兼弘さん

大磯町国府本郷在住 84歳

10月8日号

仲手川 茂さん

国土交通大臣表彰を受賞した「湘南の森」の会長を務める

仲手川 茂さん

大磯町高麗在住 73歳

10月1日号

三枝(みえだ) 公一さん

一般社団法人いつでもどうぞ代表理事で「よろず無料相談」を行っている

三枝(みえだ) 公一さん

二宮町山西在住 54歳

9月17日号

宮下 啓一さん

湘南二宮竹の会の会長を務める

宮下 啓一さん

二宮町緑が丘在住 73歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook