大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • hatena

平塚市倫理法人会の会長に9月1日就任した 宮崎 美枝子さん エステ経営 62歳

「学びは心のスキンケア」

 ○…2011年の東日本大震災を機にこれからの生き方について考えた。企業に倫理を、職場に心を、家庭に愛を――。経営者にして3人の子を持つ母として「倫理法人会の理念が人生の指針に重なった」と入会した。朝6時に開かれるモーニングセミナーで経営者や家庭人の在り方を学び、加盟123社の異業種交流も刺激になる。設立10周年の会の節目に初の女性会長として選出された。

 ○…小田原市で柑橘問屋を営む両親の背中を見て育った。「戦後復興期を生きた働き者。私も祖母の介護や従業員の子守を手伝い、人のために何かをするのは当たり前に育った。大勢で同じ食卓を囲んで賑やかだった」と懐かしむ。高校卒業後に民間企業に就職、事務職として約10年間勤めたが、「働き者」の血筋がより大きなやりがいを求めた。知人がエステサロンを開業し、「人をきれいにして喜びを与えられる仕事だ」と感銘。専門学校で必要な技術を学び、26歳で起業した。

 ○…小田原で経営する店舗「サロンド睡蓮」では、顧客の要望や肌に応じた「オーダーメードエステ」にこだわる。「30年来のお客様もいて『あなたに任せている』と信頼されるのは大きな喜び」とにっこり。30代以上の女性が美を競う「第3回ミセス日本グランプリ」に出場し、7人のファイナリストに残った経歴も持つ。「内面を磨けば外見ににじむ。倫理法人会での学びは心のスキンケアです」と目を細める。

 ○…「問題を問題としない自分がいた。倫理法人会では、目の前のことをタイミングよく処理する大切さを学んだ」と背筋を伸ばす。新年度から住民が気軽に参加できる講話会を毎月開催していく予定だ。「事業成功した人の話はためになる。多くの人に活動を知って欲しい」と話している。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

諸遊 耕史さん

二宮町で初の「第九」公演を指揮する

諸遊 耕史さん

1月11日号

水口 圭三さん

二宮町で初となる地域電力の発起人

水口 圭三さん

12月21日号

中村 ひろみさん

ぬくもり人形を制作する

中村 ひろみさん

12月7日号

近藤 煕一さん

一般社団法人中井町シルバー人材センター理事長を務める

近藤 煕一さん

11月30日号

尾上 文男さん

中井町あかりの祭典実行委員長を務める

尾上 文男さん

11月23日号

高橋 みどりさん

ミカンアロマオイル開発の中心を担った大磯町商工会女性部の部長を務める

高橋 みどりさん

11月16日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第14回「西園寺公望【1】」文・武井久江

    1月11日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク