大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年10月5日号
  • LINE
  • はてぶ

国府保育園 2年後にエールを 年長児と留学生が交流

教育

思い思いのメッセージを書いた紙飛行機を飛ばした
思い思いのメッセージを書いた紙飛行機を飛ばした
 星槎国際高等学校湘南に通うアフリカのエリトリア国と南アジアのブータン王国からの留学生5人が、9月28日に大磯町立国府保育園(仲手川千景園長)を訪れ、年長園児15人と一緒に遊びや給食を楽しんだ。

 大磯町や星槎グループなど、この2国らと東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の事前キャンプ協定を結んでいる団体でつくる「SKYプロジェクト」の企画事業。陸上競技やアーチェリーなどで2年後の五輪出場を目指す留学生と、彼らを応援するホストタウンの子どもたちに交流の場を設けた。

給食で異文化体験

 民俗衣装などを着て来園した留学生たちに、園児たちは大喜び。ややおぼつかない日本語の自己紹介に対し、園児らが声を揃え、事前に練習していたそれぞれの国の言葉で挨拶を返すと、留学生たちは嬉しそうに表情をほころばせた。

 保育園近くの公園へ仲良く手を繋いで移動した一行は、留学生は「字をたくさんおぼえたい」「アーチェリーをがんばる」など2020年までの目標を、園児らは「がんばってね。おうえんしてるよ」などの応援メッセージと選手たちを応援する自分の姿などを描いた紙飛行機を一緒に飛ばしたり、鬼ごっこなどを全力で楽しんだ。またこの日の給食にエリトリアの郷土料理「アリチャ」が登場すると、園児らは留学生と一緒に「おいしい」と夢中になって食べた。

 留学生たちは10月14日(日)に大磯運動公園で開かれる「大磯チャレンジフェスタ」にも参加する。

エリトリアの郷土料理に舌鼓
エリトリアの郷土料理に舌鼓

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

明治コスプレで歴史巡り

FC山西が初代王者

少年サッカー

FC山西が初代王者

10月12日号

全国からファン集結

「可能性の扉は開く」

イノシシ親子と幸せな1年を

町長動向

大磯・二宮・中井

町長動向

10月12日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第9回「大隈重信【1】」文・武井久江

    10月12日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク