大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

二宮町で初のハロウィンイベントを企画した 若狭 竜児さん 二宮町二宮在住 42歳

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena

二宮の地方創生仕掛ける

 ○…二宮駅周辺の商店街で「第一回西湘ハロウィン“Say Hello!”(セイハロ)」を10月27日(土)に催す。お菓子やクーポン券をもらえる店めぐりやスタンプラリーを実施。「子どもも大人もたまには仮装してちょうだい」と参加を呼び掛ける。仮装コンテストでは、インスタグラムに写真を投稿して「いいね!」の投票数で大賞を決定。各部門の1位には賞金や図書カードなどをプレゼントするという。

 ○…「商店街にお客を集めて地域を盛り上げたい。古くから住んでいる人と新住民が溶け合うきっかけ作りにもなれば」とハロウィンイベントの開催を思い立った。企画書を作成し、賛同者を求めて商店街を回ると、新しい店や老舗、事業所、学校などがお菓子の提供や協賛広告に応じてくれた。「川崎のハロウィンも約150人の参加者でスタートした。人口3万人弱の町に町内外の人の動線を導き、二宮の知名度を高められたら」。イベントを「第一回」と銘打ったのも、海と吾妻山、菜の花以外にも地元をPRする資源に育てていきたいという意思の表れだ。

 ○…千葉県出身。子ども時代は外遊びや昆虫採集、アニメ、ファミコンに夢中になって過ごした。就職氷河期のなか大学を出て、映像制作や造園、地域紙などの仕事に携わる。「趣味人」と称し、洋楽・邦楽に精通。特にブラジル音楽がお気に入りでサンバチームでは楽器を奏でる。「師匠」と慕う人物との縁で二宮町へ7年前に移り住んだ。

 ○…shareffice THE CAMP代表。同駅北口で昼間はシェアオフィス、夜はカフェ&バーを営む。情報とアイデアを発信・共有するコミュニティー拠点や「第三の居場所」としての機能を有して地域に根を張り、活性化への考えをめぐらせる。2児の父。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

鈴木 慎一郎さん

東京地方税理士会平塚支部で支部長を務める

鈴木 慎一郎さん

大磯町在住 57歳

11月15日号

加藤 泰広さん

制作活動の集大成として絵画と陶芸の作品展を開く

加藤 泰広さん

大磯町東小磯在住 76歳

11月8日号

竹原 成実さん

200回を迎える二宮ラディアン花の丘公園みんなの朝市の事務局を担当する

竹原 成実さん

二宮町富士見が丘在住 58歳

11月1日号

横井 文夫さん

詩吟の全国大会(高年の部)で優勝した

横井 文夫さん

大磯町西小磯在住 76歳

10月25日号

清洲家 はく水さん

二宮のカフェバーで開催される落語会に出演する

清洲家 はく水さん

(本名 佐藤一新)二宮町在住 60歳

10月18日号

境 隆志さん

神奈川県行政書士会小田原支部の支部長に就任した

境 隆志さん

開成町在住 68歳

10月11日号

南田 昌康さん

大磯で初の個展を開く

南田 昌康さん

大磯町大磯在住 83歳

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第33回「原敬【8】」文・武井久江

    11月8日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第32回「原敬【7】」文・武井久江

    10月25日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク