大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

戦中の子どもに焦点 絵本作家・相澤さんが講義

社会

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
本について語る相澤さん
本について語る相澤さん

 二宮町の一色小学校地域こうりゅうルームで10月20日、同町在住でイラストレーター・絵本作家の相澤るつ子さんが「戦時下の二宮の子どもたち」をテーマに講義を行った。地域の文化と歴史を学ぶ連続講座「もっと知ろう一色・二宮」の第4回目。

 相澤さんは今年8月、町内に住む戦争体験者2人から聞いた話をもとに、

絵本『小さな町二宮のちょっと昔のこどものくらし』と『ぼくたちのせーとばらい 二宮町山西のどんどやき』を制作した。

 講座では、本にまとめた昭和10年から終戦までの子どもたちの遊びや一日の生活、戦時中の学校の様子などについて解説。「井戸の水くみや風呂焚きは子どもの仕事だった。家庭の中で子どもは必要な存在で、家の仕事を手伝うことが自己肯定感を育むのに役立ったのでしょう」「戦前・戦中の普通の人々の暮らしを若い世代にしっかりと伝えたい」と語った。

 子ども時代の話を相澤さんに伝えた善波喜代治さん(86)も講座に同席。終戦翌日に相模湾の水平線上にアメリカ軍の軍艦が並んでいた光景を目にした体験を語った。

 2冊の絵本は町民グループ「戦時下の二宮を記録する会」が発行。頒価各500円。二宮町の吉田屋書店(【電話】0463・71・0321)で取り扱っている。

戦争体験者の話をもとに制作した2冊の絵本
戦争体験者の話をもとに制作した2冊の絵本

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

町長動向

【Web限定記事】

町長動向 政治

大磯・二宮・中井

5月29日号

まちかど事件簿

【Web限定記事】

まちかど事件簿 社会

大磯・二宮・中井

5月29日号

学校から町に元気を

学校から町に元気を 教育

大磯小が応援メッセージ

5月29日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月29日号

規格外 無駄なく商品化

JA湘南

規格外 無駄なく商品化 経済

農産品の消費拡大目指す

5月29日号

感染予防で初の中止

感染予防で初の中止 文化

大磯 虎御石まつり

5月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第45回「吉田茂【12】」文・武井久江

    5月29日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク