大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

町民運営の発電所建設へ 二宮で1号機目指し資金集め

社会

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena

 低炭素社会の実現や地域活性化などを目指し、再生可能エネルギーを利用した発電所の建設が、二宮町で始まろうとしている。町民有志による出資や寄付で整備・運営にあたり、電力の地産地消を促す。目標とする資金調達の金額もあと一歩まで来た。

 地域電力の創設に中心となって取り組んでいるのは、非営利法人の合同会社グリーンエネルギー湘南。山西にある社会福祉法人の施設・地域支援センターそしんの屋根を借り、太陽光パネルを設置する計画だ。

 面積約645平方メートルで一般家庭およそ25世帯分の使用量に相当する電力をつくり出していく。年間発電量9万8000kWhを見込み、近隣の電力小売り事業者へ売電する。二酸化炭素の排出量を年間約50t削減できるという。

 同法人では農地の荒廃化対策も兼ねて、町内の未利用地を対象に発電所の建設候補地を探していた。土地貸借の難しさから計画の進展に悩んでいたところ、社会福祉法人の協力で施設屋根の賃貸借契約を今年6月に結ぶことができた。東京電力との接続契約や経済産業省への申請も済ませた。

 建設費用は約1400万円。自己資金として400万円を出資・増資と寄付で集め、現在まで目標の9割程度が用意できたという。残りの1000万円は創業を支援する県の融資制度を利用して工面する算段で、審査の結果待ちにある。

 同法人の代表社員のひとりで発起人の水口圭三さん=中面「人物風土記」で紹介=は「10年をめどに借入金を完済した後は売電益を地域のみなさんと共有し、環境保全や安心・安全なまちづくりなどの活動を支援するために回したい」と話す。

災害時の電源確保

 発電所を設ける地域支援センターは二宮町との連携協定により、災害発生時に障害者や要介護の高齢者、妊産婦、傷病者などを一時的に受け入れる福祉避難所に位置付けられている。

 非常時に電力を供給できるよう、水口さんらは1500Wのコンセントを備えることも検討中だという。「『みんなの発電所』の着工に向けて一人でも多くの人に賛同していただけたら」と協力を求めている。

 寄付金は1口1万円。寄付者の名前を発電所に設置する芳名板に記す。振り込み先/みんなの発電所建設資金専用口座「さがみ信金二宮支店(普)口座番号0293552合同会社グリーンエネルギー湘南 代表社員水口圭三。詳細はホームページ。【URL】https://sites.google.com/site/genergyshonan/

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

住宅地でもイノシシ対策

住宅地でもイノシシ対策 社会

3町で目撃情報や講習会

10月30日号

食べて学ぶ地場産品

国府小学校

食べて学ぶ地場産品 教育

大磯産牛肉の給食を堪能

10月30日号

安全な地域づくりに貢献

安全な地域づくりに貢献 社会

防犯功労の5個人・3団体

10月23日号

「大磯マコモ」お墨付き

「大磯マコモ」お墨付き 経済

県のブランド品に登録

10月23日号

小倉美乃さん全国へ

小倉美乃さん全国へ 社会

高校生英語弁論大会に出場

10月16日号

ほのかな香り楽しんで

大磯町商工会女性部

ほのかな香り楽しんで 経済

摘果ミカンで柔軟剤開発

10月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

内なる風景 土に写す

内なる風景 土に写す

泉田之也さん陶芸展

10月23日~11月6日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク