大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

3町661人が門出 新成人企画の記念行事

社会

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena
昨年の記念のつどいの様子=大磯町
昨年の記念のつどいの様子=大磯町

 大磯・二宮・中井3町で661人(男性346人・女性315人)の若者が、晴れて大人の仲間入りをする。中井町では1月13日(日)、大磯町と二宮町では成人の日の14日(月・祝)に祝賀行事が催される。

大磯町

 県が実施した調査(2018年11月12日)のまとめによると、大磯町の新成人は300人(男性147人・女性153人)。町主催の成人式と新成人で構成する実行委員会が企画した記念のつどいが、大磯プリンスホテルで午後1時30分から開かれる。思い出写真のスライド上映やティーパーティーなど。今年も着物の着くずれを直すボランティアが協力する。記念品はステンレス製マグカップ。

二宮町

 267人(男性153人・女性114人)が成人式を迎える。祝賀会は生涯学習センターで午前11時から。新成人代表が「二十歳の決意」を発表するほか、家族からの手紙の紹介、立食形式の懇談会などが予定されている。

中井町

 昨年と同数の94人(男性46人・女性48人)の若者が新たな門出を迎える。成人のつどいは農村環境改善センターで午前10時開始。実行委員会の推薦を受けた男女1人ずつの代表者が今後の抱負や夢などを語る。記念品はマフラータオル。

 県内の新成人は9万1639人(男性4万7511人・女性4万4128人)で、前年比876人増。新成人が生まれた当時の出来事には、小渕内閣発足、夏の甲子園の松坂旋風、サッカーW杯日本初出場などがあった。

平成元年の6割に減少

 少子化の影響で新成人の人数も年々減少傾向にある。平成最後の年となる今年(平成31年)と平成元年の人数を比較すると、当時の6割程度に減っていることがわかる=表。

 平成元年の新成人は3町併せて1164人。当時と比較すると大磯町は42%減、二宮町は47%減、中井町は35%減となっている。なお30年前のこの時、大磯町の記念品は新成人がデザインしたテレホンカードだった。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大磯港で津波対策訓練

大磯港で津波対策訓練 社会

地域住民と40団体が参加

11月15日号

湘南平が開園60周年

湘南平が開園60周年 社会

大磯・平塚で新マップ作成

11月15日号

大磯に「旅するチョウ」

大磯に「旅するチョウ」 社会

群馬で個体識別のアサギマダラ

11月8日号

フレッシュな香りでPR

大磯町

フレッシュな香りでPR 経済

摘果ミカンのアロマ完成

11月8日号

ずっしり甘い 秋の味覚

ずっしり甘い 秋の味覚 経済

大磯の大玉柿が収穫期

11月1日号

子育て支援に新たな拠点

子育て支援に新たな拠点 社会

大磯町東部に11月1日開所

11月1日号

大磯で「歌声喫茶」始動

大磯で「歌声喫茶」始動 社会

元気な長寿社会めざす

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第33回「原敬【8】」文・武井久江

    11月8日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第32回「原敬【7】」文・武井久江

    10月25日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク