大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

震災記憶を教訓に 二宮町に学生語り部

社会

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
被災経験を元に災害への備えなどについて語る武山さん(右)と添田さん
被災経験を元に災害への備えなどについて語る武山さん(右)と添田さん

 二宮町主催の防災講演会が1月20日にラディアンで行われ、東日本大震災で被災した若者が当時の状況や災害への備えなどについて語った。

 語り部を務めたのは、宮城県東松島市の高校生と大学生でつくる震災ガイドのボランティアグループ「TTT」の添田あみさん(大学2年)と武山ひかるさん(高校3年)。グループは2015年5月に活動を開始し、現在は6人のメンバーが現地ガイドや全国各地での出張講演をしている。

 被災時に同市の大曲小学校6年生だった添田さんは、今年成人式を迎えるはずだった友人を亡くした。「下校時にバイバイして別れたきりに。『あの時こうしていれば』と後悔する人をなくしたい、被災者から支える側になりたいと希望を持ち、語り部になった」と話した。

 同小4年生だった武山さんは母親と高台に避難したが、自宅へ毛布を取りに戻る途中で津波に遭遇。車から脱出して近くの小学校へ避難したという。当時目の当たりにした光景や記憶を克明に語り、「津波で流された車の中に行方不明者がいないか自衛隊員が確認し、赤いバツ印を付けた。大人はそれを子どもに見せまいと『避難所から出てはだめ』と言っていた」

 武山さんは避難所生活でみえた課題についても触れ、「被災直後は混乱する。顔の見える関係を築き、避難所運営では縦の関係よりも横のつながりで対応することが必要。小中学生に役割を与えることも円滑な運営に役立つ」とアドバイスした。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

新島襄命日 各自で偲んで

新島襄命日 各自で偲んで 社会

終焉の地碑前祭 今年は中止

1月22日号

インフル報告数が激減

インフル報告数が激減 社会

コロナ感染予防が影響

1月22日号

まちかど事件簿

エコバッグ 大磯PRにも

エコバッグ 大磯PRにも 経済

 町観光協会が芸術家と製作 

1月22日号

スギ「並」・ヒノキ「少」

スギ「並」・ヒノキ「少」 社会

県の花粉飛散量予測

1月22日号

6党県代表が年頭所感

6党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の施策語る

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク