大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年2月8日号 エリアトップへ

二宮町教育長を務める 森 英夫さん 二宮町百合が丘在住 61歳

掲載号:2019年2月8日号

  • LINE
  • hatena

子どもの笑顔原動力に

 ○…一色小学校で先行導入したコミュニティ・スクールが、4月から町立小中学校全5校でスタートする。学校と保護者、地域住民が学校運営協議会を設立し、地域とともにある学校づくりを推進していく。「学校区ごとの特色や文化を大事にしながら、地域に根差した教育を目指す。学校と地域住民が互いに何をできるのかを考え、ウィン・ウィンの関係を築いていきたい」と話す。昨年12月、教育長に就任した。

 ○…二宮町の児童・生徒の印象は「素直な子ども」。自動車エンジニアの地域住民が「先生」となって小学生に未来の自動車や自動運転などについて教える「授業」を見学し、「地域の人の教育に対する思いは熱い」と感じたそう。二宮高校がインクルーシブ教育の推進校になることに触れ、「障害のある子どもも一緒に生活・学習し、多様性を学ぶ機会を広げていくことも必要」と語る。

 ○…秦野市出身。父と同じ教育の道に進み、同市の小学校に勤務した。愛鳥モデル校に指定された本町小のころは、フィールドスコープを担いで先輩教諭と山里を歩き、野鳥観察を重ねた。子どもたちの愛鳥活動に対する関心を高めるために、教師自ら実践。オオタカの調査にもあたり、「目の前でオオタカが広げた羽根はとても大きなものでした」と身を乗り出して両腕を伸ばす。大根小で教頭、鶴巻小で校長を務め、県の事務所で教育行政に携わった。

 ○…モットーは「思いやりの心を大切に」。「自分がして欲しくないことは、人に対してもしてはいけない。子どもたちにずっと言い続けてきたことです」。夫婦で日帰り温泉に出掛けるのがリフレッシュ。「この前、ジョウビタキを見つけました」と吾妻山の麓にある教育委員会事務所の窓の外に温かな視線を向けた。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

数田 俊樹さん

平塚・大磯・二宮をエリアとする平塚青年会議所(平塚JC)の第62代理事長に就任した

数田 俊樹さん

平塚市在住 37歳

1月24日号

西山 千鶴子さん

「Ocarina なのはな Festival」の実行委員会代表を務める

西山 千鶴子さん

二宮町山西在住 72歳

1月17日号

鈴木 敬太さん

1月1日付であしがらJCの理事長に就任した

鈴木 敬太さん

開成町在住 35歳

1月10日号

金子 航大さん

移動スーパー「とくし丸」を走らせる

金子 航大さん

中井町田中在住 23歳

12月20日号

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

町村監査功労者表彰を受けた

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

中井町雑色在住 69歳

12月13日号

小泉 孝之さん

お囃子の保存や太鼓演奏による健康増進に取り組む

小泉 孝之さん

二宮町二宮在住 80歳

12月6日号

佐藤 安満さん

おおいそ文化祭の運営委員長を務める

佐藤 安満さん

大磯町大磯在住 76歳

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

    1月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク