大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

大磯町いそべぇ まぁるくリフレッシュ クラウドファンディング活用

社会

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
大磯市で初公開された法被姿のいそべぇ
大磯市で初公開された法被姿のいそべぇ

 大磯町の観光キャラクター「いそべぇ」が、2月17日に大磯港で開催された大磯市(おおいそいち)に登場して「リフレッシュ」後の姿を初披露した。ネット上で資金を募るクラウドファンディングの手法を同町が初めて活用した例で、町は検証結果を今後の行政改革などに役立てる考えだ。

 いそべぇは明治時代から現代にタイムスリップしてきたというアオバトの男の子。約6年前の初登場以来、町内外の様々なイベントに出演して大磯のPRに一役買ってきたが、近年は働き過ぎで汚れや傷みが目立つようになっていた。町は昨年秋に「リフレッシュ」(着ぐるみの新調)と「おきがえ」(衣装制作)にかかる費用を、インターネット上で資金提供を呼びかけるクラウドファンディングの手法を使い募集。挑戦期間内に目標金額の100万円を超える103万6193円が町内外から寄せられた。

 リフレッシュを済ませ、いよいよ初公開となったこの日。大磯港の芝生広場に法被姿のいそべぇが登場すると、待ち受けていたファンや子どもたちから拍手や驚きの声とともに「よかったね」「丸くてかわいい」などの声援が送られた。グリーティングも行われ、新しく生まれ変わったいそべぇと一緒に写真を撮ろうと家族連れなどが列を作った。クラウドファンディングにも協力したという二宮町の40代女性ファンは「想像より丸かったけれど可愛い。きれいになって本当に良かった」と嬉しそうに語った。

 いそべぇもフリップで「みんなのおかげだべぇ。法被もかっこいいでしょ」と感謝を伝えていた。

新たな財源となるか

 一応の成功を見た同町のクラウドファンディングプロジェクトだが、新たな財源確保の手段として見るには難しい。募集開始から期間半ばまで苦戦したこともあり町は「紹介動画の作成などの策を講じ、地元企業のご支援、テレビの全国放送で取り上げられるなどの幸運もあって、なんとか達成できたという認識。他自治体でも2回目以降は苦戦している」(町担当者)と次の展開には慎重だ。

 「今回はクラウドファンディングが大磯町でも成り立つのか、ノウハウの蓄積なども含めた試行的な側面がある」とし、課題を検証した上で次の動きを検討するという。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

歩いて広がる「うつわのわ」

歩いて広がる「うつわのわ」 社会

大磯52会場で3日間

10月18日号

女性部が縁結びお世話

二宮町商工会

女性部が縁結びお世話 経済

神社巡りなど婚活イベント

10月18日号

「スタイル磨いて前進」

湘南ベルマーレ

「スタイル磨いて前進」 スポーツ

新監督に浮嶋敏氏が就任

10月18日号

大磯を地方創生モデルに

大磯を地方創生モデルに 経済

民間主導で新規事業検討

10月11日号

再生棚田に実りの秋

再生棚田に実りの秋 経済

二宮の有志 吾妻山麓に沢も復元

10月11日号

3選手に県大会メダル

3選手に県大会メダル スポーツ

二宮剣道部の吉田兄妹ら

10月4日号

歴史と文化を再発見

歴史と文化を再発見 社会

大磯でスタンプラリー

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「仮装と文化 楽しんで」

「仮装と文化 楽しんで」

26日 二宮でハロウィン

10月26日~10月26日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク