大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

全国公募団体IAC美術会湘南支部の支部長を務める 山岸 和子さん 平塚市在住 75歳

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena

工芸の魅力楽しんで

 ○…茅ヶ崎市民文化会館で全国公募団体IAC(インターナショナル・アートセンター)美術会湘南支部の工芸展を3月19日(火)から23日(土)まで開催する。平塚や大磯などの支部会員のほかに県外の作家も加わり、約40人が出展。陶芸や鎌倉彫、漆、籐・皮細工、切り絵、ガラス、羊毛工芸、押し花、ワイヤーアートなどの作品およそ100点を一堂に発表する。「分野が多く、いろいろな工芸品を見て楽しんでいただけたら嬉しいです」と語る。

 ○…長野県に本部を置くIAC美術会のメンバーと知り合い、その一員に。信州の緑に囲まれた施設が会場となる、同会主催の美術展に鎌倉彫を出品している。2011年、大鉢に波の文様を飾った作品で文部科学大臣賞を受賞した。国内外の作家たちと芸術文化交流を進める同会本部の協力を得て、地元の湘南地域に工芸の輪を広げようと、仲間と2006年に湘南支部を結成。以来、支部の工芸展を毎年開き、今年で14回目を迎える。

 ○…米どころや北前船の交易で栄えた山形県は酒田市の出身。子どものころから生活のなかに漆器があった。「口あたりが優しくて手にしっくり来る。家に人を呼んで食事を出すときに漆器を使ったものです」。鎌倉彫との出会いは40年ほど前。教室に通い、技術を身につけた。彫りの後の工程の漆塗についても独学で試行錯誤を重ね、輪島塗の工芸技術所を訪ねて研究するなど、「よいものを作るために何でもやってみたい」と意欲的に制作に取り組む。

 ○…葡萄の図柄をあしらったワインクーラー、桜の花と幹を彫った箪笥や姿見などは、年月を経て理想の漆の色が表れてきたそう。「人に譲れなくて」というのも理解できる。美術館めぐりが好きで、一人でゆっくり鑑賞するのが楽しい時間。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

境 隆志さん

神奈川県行政書士会小田原支部の支部長に就任した

境 隆志さん

開成町在住 68歳

10月11日号

南田 昌康さん

大磯で初の個展を開く

南田 昌康さん

大磯町大磯在住 83歳

10月4日号

大谷 弘道さん

NPO法人大磯ガイド協会の会長を務める

大谷 弘道さん

大磯町生沢在住 76歳

9月27日号

本井 英さん

鴫立庵の第二十三世庵主に就任した

本井 英さん

逗子市在住 74歳

9月20日号

武藤 稔さん

大磯で捕獲鳥獣の利活用ワークショップを開催した

武藤 稔さん

小田原市在住 26歳

9月13日号

原田 啓治さん

中井町交通指導隊の隊長として交通安全の普及に努める

原田 啓治さん

中井町雑色在住 63歳

9月6日号

海瀬 光美さん

足柄歯科医師会の会長に就任した

海瀬 光美さん

南足柄市在住 たんぽぽ歯科医院

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「令和」生まれの中井育ち

「令和」生まれの中井育ち

稲実る田んぼアート見ごろ

11月9日~11月9日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク