大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

多世代の交流拠点開設 中井町のNPO 空き家活用

社会

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena
コミュニティハウス「れいんち」
コミュニティハウス「れいんち」

 中井町遠藤で空き家を活用したコミュニティハウス「れいんち」が4月1日にオープンした。NPO法人「子育ての輪Lei」が運営。自習カフェやワークショップの開催、放課後の子どもの居場所づくりなどを通して幅広い世代の交流を図る。

 「れいんち」は「Leiの家(うち)」の意味。2階建ての一軒家で、同法人の活動に賛同した空き家の所有者が好条件で貸してくれたという。一級建築士である副理事長の磯辺友里さんのアドバイスで、昨年秋から床の張り替えなどをして室内をリフォーム。キッチンと食堂、二つの和室をおもな交流スペースとし、法人の事務室も設けた。

 月・火・水は親子が集まっておしゃべりをしたり、放課後の小学生が宿題をしたりする場所として開放。サークルや教室にも部屋を貸し出す。

 飲食の営業許可を取得し、毎週火曜日に弁当作りと販売も始めた。一人暮らしの高齢者などから注文を受けて見守りを兼ねた配達や、ランチを提供するカフェなども展開していく予定だ。

 同法人は東日本大震災をきっかけに子育て中の母親たちが設立。親子向けの防災講座やコミュニティ食堂、マーケットの開催、フリーペーパーの発行などを行っている。

 理事長の海野美和さんは「利用者と宿題や習い事を教えてくれるボランティアなど様々な人と人のつながりを築く拠点にしていきたい」と話す。

語り場「ちくわ」

 オープン前の3月23日には、地区の輪を広げることを目指して「ちくわ」と名づけた第1回目の懇談会が催された。

 中井町の若者力をテーマに、町民と近隣の秦野市民など約10人が集まった。この春に大学を卒業して社会人となった井ノ口出身の黒田綾人さんが世界15カ国を旅した経験を報告。「地元の自然に触れて遊んだ体験がアウトドアへの興味や冒険心を育んだ」と話した。

 町のプロモーション動画を観賞した後、参加者は料理を囲んで地域の魅力について語り合った。「子どもが生まれてから、住んでいる町がいいと思えるようになった」「若い人が『中井町はいい所』と言ってくれると、同世代への影響力が大きい」などと意見があった。

 次回の「ちくわ」は子育てをテーマに6月に開催する予定。

 「れいんち」の利用やボランティアなどに関する問い合わせは子育ての輪Lei【電話】080・2047・6633(留守番電話対応)。【メール】kosodatenowa_lei@yahoo.co.jp

町の魅力を語り合う参加者
町の魅力を語り合う参加者

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

歩いて広がる「うつわのわ」

歩いて広がる「うつわのわ」 社会

大磯52会場で3日間

10月18日号

女性部が縁結びお世話

二宮町商工会

女性部が縁結びお世話 経済

神社巡りなど婚活イベント

10月18日号

「スタイル磨いて前進」

湘南ベルマーレ

「スタイル磨いて前進」 スポーツ

新監督に浮嶋敏氏が就任

10月18日号

大磯を地方創生モデルに

大磯を地方創生モデルに 経済

民間主導で新規事業検討

10月11日号

再生棚田に実りの秋

再生棚田に実りの秋 経済

二宮の有志 吾妻山麓に沢も復元

10月11日号

3選手に県大会メダル

3選手に県大会メダル スポーツ

二宮剣道部の吉田兄妹ら

10月4日号

歴史と文化を再発見

歴史と文化を再発見 社会

大磯でスタンプラリー

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

物産店や芸能、フリマなど

物産店や芸能、フリマなど

20日に美・緑なかいフェス

10月20日~10月20日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク