大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

JAXAと連携協定 宇宙教育充実へ星槎グループ

教育

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
協定書を交わした宮澤会長(右)と佐々木センター長
協定書を交わした宮澤会長(右)と佐々木センター長

 大学や高校、幼稚園などを運営する星槎グループは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センターと宇宙航空教育活動に関する連携協定を5月7日に締結した。教材開発や指導教職員の研修などに協働で取り組み、宇宙を素材にしたさまざまな学びを通して生徒の好奇心や物づくりの精神などを育む。

 宇宙食と市販のカレーを食べ比べて宇宙食の特徴を探る。みんなで熱気球を作って飛ばす。地球から太陽までの距離の測り方を考える--。

 星槎グループではこれらをテーマに、宇宙に関する学びを授業で行ってきた。仲間と課題に取り組む学習が生徒のコミュニケーション能力や協働の心を伸ばすなど教育の有効性が認められたことから、宇宙航空教育をさらに充実させていくためにJAXAと連携を組んだ。同センターの支援を受け、今年度から湘南サポート校など関東近隣の中学校と高校で週に約2コマの授業を実施していくという。

 協定の締結式が星槎湘南大磯キャンパス=大磯町国府本郷=で行われ、同グループの宮澤保夫会長は「宇宙について学ぶことは、宇宙を構成する地球の一員として生命の根源やその大切さを学ぶことにつながる」と期待を寄せた。

 JAXAはこれまでに地方自治体や科学館、国立大学法人などとの間で同様の連携協定を結んでいるが、一般社団法人との協定締結は星槎グループが初めて。佐々木薫センター長は「星槎には人づくりに対する熱意があり、連携を図ることになった。プログラムを通して新しい世界を切り拓いていく青少年を育てて、成果を出していきたい」と話した。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

交通事故 減少続く

大磯・二宮・中井

交通事故 減少続く 社会

免許証の自主返納者は増加

5月24日号

国産リール 大磯に原点

国産リール 大磯に原点 文化

町内釣具店が昭和初頭に開発

5月24日号

テーマ定め 対話じっくり

大磯町議会

テーマ定め 対話じっくり 政治

報告会を刷新

5月17日号

新時代「令和」が幕開け

新時代「令和」が幕開け 社会

皇室と地元とのゆかり

5月1日号

狙うは世界一奪還

ラフティングチームテイケイ

狙うは世界一奪還 スポーツ

令和最初の栄冠めざす

5月1日号

花咲く大磯で庭めぐり

オープンガーデン

花咲く大磯で庭めぐり 社会

132カ所を一般公開

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第22回「加藤高明【2】」文・武井久江

    5月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク