大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

二宮町新庁舎 床面積・コストを縮減 計画案見直し、町民説明会

社会

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
町の説明を聞く参加者
町の説明を聞く参加者

 老朽化や耐震性の不足などから役場新庁舎をラディアン周辺に整備する方針を示している二宮町は、庁舎建設に関する2度目の町民説明会を5月31日と6月1日、2日、町民センターで開いた。

 2月に開催した説明会では、財政負担の増加を懸念する声など新庁舎建設に対する否定的な意見が多くあがった。町は新庁舎の構造と規模を見直し、コストを削減。計画案の変更点などについて改めて説明を行った。

 建設費用に大きく影響すると考慮し、構造形式は免震構造から安価に建てられる耐震構造へ変更。床面積は4800平方メートルを4000〜4400平方メートルに縮小した。分散している保健センターや教育委員会事務所を新庁舎に集約する方針だったが、レイアウトの工夫などで役場組織の一体化にこだわらない方法に切り替えた。

 総事業費は、当初の約26億5千万円から2割(6億円)程度抑えた18億9千万〜20億円に縮減した。およそ20億円のうち、約8億円を自主財源で賄い、残りの約12億円は地方債を充てる算段。町は、2020年度までに実施設計に着手することが条件である市町村役場機能緊急保全債を活用し、国の交付税措置を見込む。

賛否両論

 2日目の説明会では、参加者が「基本設計委託料2500万円が5千万円になったのはなぜか」「職員や来庁者の命を守るために新庁舎が建つまで何もしないのか」などと質問。「小中学校の統合で学校が3校空くのに、ピカピカの庁舎を建てても喜べない」「建設費が高騰している。オリンピックが終わる来年度以降に整備してはどうか」「先送りしても財政的な問題はある。庁舎建設は早急に取りかかるべき」などといった意見が出た。

 「大規模災害に備え、新庁舎を建設する責任が町にある」と訴える村田邦子町長は「交付金の活用はリミットを迎えている。町民に理解を求め、整備を進めたい」と述べた。

 新庁舎をめぐっては、町民有志が計画の一時中止を求める署名活動を行っている。町は基本設計委託料などを追加した補正予算案を6月定例会に提出する予定で、町議会が新庁舎整備にゴーサインを出すのか、審議が注目される。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

笑って心身を健康に

笑って心身を健康に 社会

大磯でラフターヨガ教室

6月14日号

10周年記念コンサート

10周年記念コンサート 文化

女声コーラス・レディーバーズ

6月14日号

ラゾーナ川崎で100日前イベント

ラグビー体験やスペシャルライブも

ラゾーナ川崎で100日前イベント 文化

6月14日号

町政に関心を

大磯町議選

町政に関心を 政治

町民団体が公開アンケート

6月14日号

名門程ヶ谷CC 特別料金で

名門程ヶ谷CC 特別料金で スポーツ

 7・8月対象日に県民デー

6月14日号

里山歩いて健康に

里山歩いて健康に スポーツ

中井町の震生湖方面へ

6月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

里山歩いて健康に

里山歩いて健康に

中井町の震生湖方面へ

6月24日~6月24日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第23回「加藤高明【3】」文・武井久江

    6月14日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク