大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

なかい里山研究会の会長を務める 西尾 權太郎さん 中井町井ノ口在住 72歳

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

緑のグラデーション守る

 ○…「この辺はコナラやクヌギの落葉樹が多く、昔は炭焼きの煙が至るところで上がっていたのでしょう」。中井町鴨沢を拠点に、里山の整備・保全に取り組む。会員23人。大磯や横浜から来る仲間や女性も。森林の間伐と伐採、下草刈り、炭焼き、シイタケ栽培などを行っている。「台風で倒れた木や朽ちた竹も片付けないと、里山のサイクルが途絶えてしまう。水源環境も守れない」。作業は「人海戦術。大人数でやるからボランティアの力を発揮できる」と話す。4月から会長を務める。

 ○…知人の紹介で炭焼きに興味を持ち、入会した。炭には子どものころ、火鉢を囲んだ家族団らんの思い出がよみがえる。火持ちがよい炭が焼けたときの、精錬という工程で出る煙の臭さに閉口しながらも、「炭焼きは奥が深い」と熱く語る。副産物の木酢液は農薬いらずの虫除けなどに利用。キュウリの苗を指差して「裏付けはちゃんと取れています」と胸を張る。

 ○…浜松市出身。野山を駆け回って遊んだ少年時代。春は山菜採り、夏は鮎釣り、秋は栗拾いに夢中になった。就職を機に神奈川県へ。結婚し、二宮町で暮らした。「ベランダから相模湾のいさり火が見えたものです」。子どもの成長に伴い、35年前、中井町へ転居。「地下水を使った水がすごくおいしい。芽吹きの時季は丘陵地の緑が毎日変化する。ここからどこへも移る気はありません」

 ○…月2回の活動日以外にも炭焼き場に足繁く通う。竹で菜箸やジャムべらを作ったり、菜園を世話したり、カブトムシを飼育して楽しむ。野鳥に癒され、掘りたての筍を堪能できることも「最高の贅沢」とにっこり。「緑のグラデーションの風景をなくしたくない」。定年退職後に見つけたライフワークのやり甲斐が、満面の笑みに表れている。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

渡辺 弘文さん

日本の風景を求めて油彩画を描く

渡辺 弘文さん

大磯町西小磯在住 83歳

7月19日号

勝亦 健二さん

神奈川県洋菓子協会作品展ジュニア部門で県議会議長賞を受賞した

勝亦 健二さん

二宮町在住 21歳

7月12日号

マーティン・アドラー・オーウェンスさん

日本テレビ『ZIP!』の「いただきます!日本全国朝ごはんジャーニー」に出演している

マーティン・アドラー・オーウェンスさん

平塚出身 24歳

7月5日号

佐藤 一樹さん

大磯町商工会青年部の部長を務める

佐藤 一樹さん

大磯町国府本郷在住 40歳

6月28日号

鍛代(きたい) 元気さん

湘南ベルマーレフットサルクラブの新キャプテンに就任した

鍛代(きたい) 元気さん

平塚市在住 29歳

6月21日号

鳫(がん) 宏道さん

星のスペシャリストとして大磯で講演する

鳫(がん) 宏道さん

大磯町大磯在住 66歳

6月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自生ヤマユリ公開

自生ヤマユリ公開

二宮 一色小で講演会も

7月20日~7月23日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第25回「加藤高明【5】」文・武井久江

    7月12日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク