大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

戦争の記憶 中学生にも 二宮町遺族会が紙芝居

社会

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
紙芝居を上演する会員
紙芝居を上演する会員

 戦中・戦後の暮らしについて伝える紙芝居の公演が、二宮町生涯学習センターラディアンで8月17日に行われた。町遺族会(井上進会長)内のグループ・戦争の悲惨さを語る会が催した。

 語る会の原律子さんが中心となり、遺族会員から聞き取った戦争体験談を基に手作りした紙芝居。「忘れられないあの日」と題する演目では、広島の原爆被害の様子を「この世の地獄だった」と原さんが朗読した。戦争で夫を亡くした女性が苦難を生き抜いた話も紹介。戦時体制での生活や労働、米軍の本土上陸に備えて造られた洞窟陣地などについて伝えた。

 国民学校3年のときに終戦を迎えたという来場者の男性は「昭和19年夏ごろ、初めて空襲に遭った。浜辺で兵隊が手旗信号を練習していた」と戦時中の記憶を述べた。「家のラジオが壊れていて小学生には玉音放送がよく分からず、上級生から『日本は戦争に負けたらしい』と聞いた。(灯火管制がなくなり)電気をつけられるようになって嬉しかった」と振り返った。

 会場には10代の若者の姿もあった。二宮町に住む祖母に誘われて、平塚市から訪れた中学生3人組だ。「被爆した人の遺体が川にたくさん流れていたことに衝撃を受けた。とても考えられない」と2年生男子。いとこの女子は「二度と戦争をしてはいけない。今ある平和を大切にするために、戦争の話をみんなに知ってもらいたい」と話した。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

災害時に地図活用

災害時に地図活用 社会

二宮町とゼンリン 協定締結

9月20日号

天下泰平を祈願

天下泰平を祈願 文化

六所神社で櫛魂まつり

9月20日号

手作り窯でピザ作り

手作り窯でピザ作り 社会

小学生が火起こしも体験

9月20日号

愛読書の魅力を熱弁

愛読書の魅力を熱弁 文化

ビブリオバトル 参加募集

9月20日号

大磯の今昔写真でつなぐ

サッカーで障害超える

サッカーで障害超える 教育

大磯町で講演会

9月20日号

首相2人の交流余話

首相2人の交流余話 教育

記念館学芸員が講演

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第28回「原敬【3】」文・武井久江

    8月23日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第27回「原敬【2】」文・武井久江

    8月9日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク