大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

エネルギー地産地消へ 二宮の太陽光発電所が稼働

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
竣工を祝う河野大臣と村田町長、グリーンエネルギー湘南のメンバー
竣工を祝う河野大臣と村田町長、グリーンエネルギー湘南のメンバー

 非営利法人の合同会社グリーンエネルギー湘南が二宮町山西に建設した「二宮みんなの発電所」の竣工式が9月7日にあり、関係者らが完成を祝った。再生可能エネルギーの地産地消を促すことで、低炭素社会の実現や地域活性化などを目指す。

 竣工式には同社の代表社員と協力者、村田邦子町長、野地洋正町議会議長、町議など約30人が出席。代表社員の一人で発起人の水口圭三さんは「念願の1号機が完成した。再生可能エネルギーを地産地消する仕掛けをさらに作っていく必要がある。地域の中で経済を回し、町の活性化に貢献したい」とあいさつした。

 エネルギー政策に関する著書がある河野太郎外務大臣(当時)も駆け付け、「太陽光はホルムズ海峡を通らずに来る。二宮での地域発電の取り組みはエネルギーの安全保障に資するもので、このようなチャレンジが全国で展開されることを期待する」と賛同を寄せた。

 水口さんら町民有志は2015年に活動をスタート。発電所の建設費用として出資と寄付を募った。今年1月、県の創業支援制度による1000万円の融資で資金調達に目途がつき、1451万円を投じて4月末着工。用地は、社会福祉法人素心会の協力で地域支援センターそしんの施設屋根を借りることができた。

 300Wの軽量太陽光パネル286枚を設置。発電出力49・5kWで6月12日に稼働が始まった。現在は東京電力に売電しているが、地元事業者の湘南電力へ契約を切り替える予定だという。

 地域支援センターそしんは二宮町と素心会との協定によって、災害時に要配慮者を緊急的に受け入れる福祉避難所になっている。太陽光発電所が完成したことで、非常時に電力を供給する機能が備わった。

福祉施設の屋根に設置された太陽光パネル(グリーンエネルギー湘南提供)
福祉施設の屋根に設置された太陽光パネル(グリーンエネルギー湘南提供)

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

歩いて広がる「うつわのわ」

歩いて広がる「うつわのわ」 社会

大磯52会場で3日間

10月18日号

女性部が縁結びお世話

二宮町商工会

女性部が縁結びお世話 経済

神社巡りなど婚活イベント

10月18日号

「スタイル磨いて前進」

湘南ベルマーレ

「スタイル磨いて前進」 スポーツ

新監督に浮嶋敏氏が就任

10月18日号

大磯を地方創生モデルに

大磯を地方創生モデルに 経済

民間主導で新規事業検討

10月11日号

再生棚田に実りの秋

再生棚田に実りの秋 経済

二宮の有志 吾妻山麓に沢も復元

10月11日号

3選手に県大会メダル

3選手に県大会メダル スポーツ

二宮剣道部の吉田兄妹ら

10月4日号

歴史と文化を再発見

歴史と文化を再発見 社会

大磯でスタンプラリー

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

物産店や芸能、フリマなど

物産店や芸能、フリマなど

20日に美・緑なかいフェス

10月20日~10月20日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク