大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

大磯の魅力 外国人へ発信 ガイド協会が英語ツアー

社会

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena
鴫立庵でガイドの説明を聞く外国人のツアー客
鴫立庵でガイドの説明を聞く外国人のツアー客

 海外からやって来た人々に大磯町の魅力を伝える体験型のまち歩きツアーが9月16日に行われた。在日外国人らが、照ヶ崎海岸でアオバト観察や老舗蒲鉾店から教わるはんぺん作りの体験などをした。

 NPO法人大磯ガイド協会の分科会WTO(Welcome To Oiso)が企画。通訳案内士や海外駐在経験者など英語が堪能な会員が中心となって英語版のガイド資料を作成し、当日の案内役を務めた。

 ツアーには、同町在住の米国人夫妻とそこにホームステイに訪れた友人の男女4人が参加した。一行は大磯駅を出発。大正時代に建てられた大磯迎賓舘の説明を聞きながら照ヶ崎海岸まで散策した。雨が降るあいにくの空模様だったが、約40羽のアオバトが飛来。地元の探鳥グループ「こまたん」のメンバーも観察に協力し、望遠鏡でアオバトを眺めたツアー客は「ベリー・ビューティフル」と満面の笑顔を見せた。

 参加者は大磯宿の史跡や湘南発祥の地、俳諧道場の鴫立庵などを見学。井上蒲鉾店四代目の井上浩吉さんと息子の寧さんから、伝統的な製法を守り続ける老舗のはんぺん作りについても学んだ。すり鉢で魚の身をすったり、つけ包丁と呼ばれる道具を扱い、すり身を練ったりする作業などを体験した。

 半日のまち歩きを終えたトム・ブランチさんは「沢山の情報をもらい、大磯のことを知った。素晴らしい経験ができた。大磯は東京と異なり、静かで穏やか。人も素晴らしい」と感想を話した。

 英語でガイドをした宮本啓さんは「『虎御前』や『茶室のにじり口』『俳句』などを外国の人に分かり易く説明することが、難しいけれど大事なポイント。欧米のバックパッカーなどの旅行者は日本に対する興味があり、大磯ならではのスペシャルなものや事を発信していきたい」という。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大磯を地方創生モデルに

大磯を地方創生モデルに 経済

民間主導で新規事業検討

10月11日号

再生棚田に実りの秋

再生棚田に実りの秋 経済

二宮の有志 吾妻山麓に沢も復元

10月11日号

3選手に県大会メダル

3選手に県大会メダル スポーツ

二宮剣道部の吉田兄妹ら

10月4日号

歴史と文化を再発見

歴史と文化を再発見 社会

大磯でスタンプラリー

10月4日号

駅前整備に懸念の声

駅前整備に懸念の声 政治

大磯 町民説明会が紛糾

9月27日号

10月に加入義務化

自転車保険

10月に加入義務化 社会

1億円の高額賠償事例も

9月27日号

大磯の昆虫 3千種ズラリ

国府新宿在住渡辺康生さん

大磯の昆虫 3千種ズラリ 社会

図書館で40年超の成果披露

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「令和」生まれの中井育ち

「令和」生まれの中井育ち

稲実る田んぼアート見ごろ

11月9日~11月9日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク