大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

再生棚田に実りの秋 二宮の有志 吾妻山麓に沢も復元

経済

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
再生した棚田で稲刈りをする「二宮農園」の有志たち
再生した棚田で稲刈りをする「二宮農園」の有志たち

 相模湾と真鶴半島を望むことができる、二宮町の吾妻山の麓。農業に関心のある有志グループが耕作放棄地に棚田を再生し、米を収穫した。山から流れる水を田んぼに取り入れるために沢も掘り、かつて行われていた里山での稲作を復活させた。

 棚田と沢の再生に取り組んだのは、環境に配慮した自然農法で畑づくりから農業を実践している「二宮農園」のメンバー有志。「農ある暮らしを広める会」代表で農業指導にあたっている二見幸夫さんを中心に、今年から吾妻山山麓で米作りにも着手した。

 グループは2月、山の岩盤から湧き出る水を棚田に利用できるよう、長さ100mほどの小さな沢をつくった。専門家のアドバイスを得て、倒木を片付けながら移植ごてで土を削ったという。「昔の人が普請した沢の跡もある。こちらは岩を削ったり、石を積んだりして造ったことが分かる」と二見さん。

 棚田づくりには地元の学生らも協力。長い間、耕作放棄地になっていた土地を耕す作業は「ユンボがスタックするほど」(二見さん)苦労したが、4枚の水田を整備して6月に田植えを行った。

自給自足の農業

 10月6日に稲刈りがあり、10人が参加。トンボが飛び交うなか、手作業で稲を刈り取り、天日に干す「はさ掛け」をした。収穫米は、神奈川県の奨励品種の「はるみ」とササニシキの親にあたる「ササシグレ」。女性参加者は「これは種になる」と、穂先に丸々とした籾を付けた稲を嬉しそうに手に取った。

 雨水を豊富に蓄える吾妻山は薪山として利用され、肥料になる落ち葉と燃料の供給源だったという。高度経済成長を迎えた時代とともに、薪は必要とされなくなり、人の手が入らなくなった山は荒廃。田んぼをする人もいなくなった。

 「稼ぎとしての農業は難しくても、暮らしの一部として自分で食べる米や野菜を作ることはできる。食の安全・安心や災害などいざという時の食糧の備え、海と山の生態の好循環にも役立つ」と二見さんは話す。子どもたちが探検遊びができるようにさらに沢を整備していくことも考えている。

沢筋に立つ二見さん
沢筋に立つ二見さん

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

PCR検査に役立てて

PCR検査に役立てて 社会

湘南マツダが車両を無償貸与

8月7日号

二宮PRへご当地マスク

商工会女性部

二宮PRへご当地マスク 社会

湘南オリーブの葉で染色

8月7日号

防災無線 スマホへ転送

防災無線 スマホへ転送 社会

中井町がアプリ提供

7月31日号

第4の観光都市めざす

第4の観光都市めざす 経済

大磯町 東武グループと協定

7月31日号

伝統の祭 疫病退散祈る

二宮八坂神社

伝統の祭 疫病退散祈る 文化

「密」避け、車で神輿渡御

7月24日号

事業者に最大20万円

新型コロナ対策

事業者に最大20万円 経済

大磯町 独自の給付金制度

7月24日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が実技指導も

専門家が実技指導も

大磯城山公園のバラ講座

8月30日~8月30日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク