大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

歩いて広がる「うつわのわ」 大磯52会場で3日間

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
実行委員会とちゃわん隊のメンバー
実行委員会とちゃわん隊のメンバー

 陶芸や木工、ガラスなどのクリエーターが、1年をかけて製作した作品を展示・販売する「大磯うつわの日」が、10月25日(金)から27日(日)まで大磯町内の52会場で開催される。

 地元の若手作家らが中心となり、実行委員会を設けて企画・運営しているこのイベント。2011年からスタートし、昨年は70人以上の作り手が参加、県内外から5千人以上が大磯を訪れた。

 9回目を数える今年のテーマは「うつわのわ」。会場の鴫立庵や旧島崎藤村邸、町内のギャラリー、店舗、古民家などを巡ってうつわ探しを楽しみながら、在廊する作家と気軽に交流することもできる。また、アート作品とジャズや生け花を掛け合わせたライブイベントや、子どもたちが作ったうつわに花を添えるプロジェクトも実施。実行委員長の岡村友太郎さん(陶芸家)は「日本で最も優雅なうつわのイベント。お気に入りの一品を探して街歩きを楽しんでもらい、うつわを通じて人と人が出合い、大きな人の和(輪)が広がれば」と話している。

アートライブも

 旧島崎藤村邸では、岡野里香さんの陶芸作品にデュビン美奈子さんが花を添えた幻想的な世界が広がる。高来神社では、26日(土)にお菓子とお花のマルシェや、スガダイロートリオと塚越応駿さん出演のジャズ&花生けライブを開催。また会期中、大磯駅前の地場屋ほっこりにインフォメーションブースが設置され、ボランティアスタッフの「ちゃわん隊」が常駐。英語での案内にも対応する。詳細は、HP(【URL】https://oiso-utsuwa.jimdo.com/)で確認を。
 

作家とコミュニケーションがとれるのも魅力の一つ
作家とコミュニケーションがとれるのも魅力の一つ

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大河ゆかりの地 各所に

鎌倉殿の13人

大河ゆかりの地 各所に 文化

頼朝・政子・曽我兄弟ら

1月21日号

戦略推進の中井町に金賞

戦略推進の中井町に金賞 社会

シティプロモーション表彰

1月14日号

大磯市(いち) 2年ぶり復活

大磯市(いち) 2年ぶり復活 経済

ウィズコロナの手法模索

1月14日号

3町632人の門出祝う

3町632人の門出祝う 社会

新成人実行委の企画も

1月7日号

初のリニューアル

澤田美喜記念館

初のリニューアル 文化

生涯たどり功績伝える

1月7日号

大磯の虎御前を訪ねる

大磯の虎御前を訪ねる 文化

ゆかりの地 延台寺など

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook