大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

200回を迎える二宮ラディアン花の丘公園みんなの朝市の事務局を担当する 竹原 成実さん 二宮町富士見が丘在住 58歳

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

縁の下のサポーター

 ○…二宮ラディアン花の丘公園みんなの朝市が、11月3日(日)の開催で200回を数える。50円分の金券を付けたチラシを二宮町内に配り、記念誌も作成した。PRにも力が入る。「200回記念朝市にちなんだ商品や特別企画を各出店者にお願いしました。ぜひ多くの方に来ていただきたいです」。実行委員会の本部事務局を担当して十数年。出店者の受け付けや会場準備、会合の資料づくりなど日曜朝市を縁の下から支えている。

 ○…青果や海産物、惣菜、パン、弁当、手作り雑貨などを売る商店や団体、個人参加の町民など、約40店から50店が朝市に並ぶ。元々は出店者として参加したが、「新聞はなかなか売れなくて」。本業は新聞販売店ASA二宮の所長。世話好きな従業員のアイデアで、流しそうめんや金魚すくいといった催しを実施したことも。前任者から事務局を頼まれ、引き受けた。

 ○…社会奉仕団体の二宮ライオンズクラブ会員。地域の子どもたちとプロの音楽家が舞台芸術を創り上げる「青少年(みんな)を育むコンサートの会」の活動にも協力している。11月10日(日)にラディアンホールで「輝け子どもたちコンサート」があり、娘の有華さんがオペラの主要キャストで出演。同会の青少年育成事業を通じた体験から音楽の道を進む愛娘に話が及ぶと、柔和な顔に優しさがさらに溢れた。「コンサートはいつも大道具係。客席から娘を観られないのが残念」と苦笑い。

 ○…朝市でお目当ての品物を買うことを楽しみにするファンも多い。商品や店に関する問い合わせに対応できるよう、細かい情報も頭にしまう。「出店者が販売や接客に専念できるよう裏方としての務めをしっかり果たしたい」。300坪の畑で野菜作りをするのがリフレッシュの時間。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

小泉 孝之さん

お囃子の保存や太鼓演奏による健康増進に取り組む

小泉 孝之さん

二宮町二宮在住 80歳

12月6日号

佐藤 安満さん

おおいそ文化祭の運営委員長を務める

佐藤 安満さん

大磯町大磯在住 76歳

11月29日号

平井 英雄さん

伊勢神宮初穂奉献と奉祝神輿渡御を行った、川勾神社神輿保存会の会長を務める

平井 英雄さん

二宮町山西在住 62歳

11月22日号

鈴木 慎一郎さん

東京地方税理士会平塚支部で支部長を務める

鈴木 慎一郎さん

大磯町在住 57歳

11月15日号

加藤 泰広さん

制作活動の集大成として絵画と陶芸の作品展を開く

加藤 泰広さん

大磯町東小磯在住 76歳

11月8日号

横井 文夫さん

詩吟の全国大会(高年の部)で優勝した

横井 文夫さん

大磯町西小磯在住 76歳

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

    11月22日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第33回「原敬【8】」文・武井久江

    11月8日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第32回「原敬【7】」文・武井久江

    10月25日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク