大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

ずっしり甘い 秋の味覚 大磯の大玉柿が収穫期

経済

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
ずっしりと実った大玉柿と生産者の鈴木さん
ずっしりと実った大玉柿と生産者の鈴木さん

 大磯特産の大玉柿が、今年も収穫期を迎えた。町内の農園では、ずっしりと実った橙色の果実が枝をたわませている。シャクシャクとした食感と甘さが特徴の「太秋」のシーズンが終わり、とろけるような柔らかさと甘みのある「富有」が間もなく食べごろを迎える。

 「大玉で味の良い実を作るために剪定や摘果、摘蕾といった手入れを一つひとつ丁寧にやっています」と話すのは、生産者でつくる大磯町落葉果樹研究会の鈴木教夫会長=寺坂=。今年は受粉前の霜害や夏の高温・大雨、台風15号による枝折れや落果で収量こそ減ったが「でき上がった実は上々。大生産地に負けない品質です」と太鼓判を押す。

 甘みが強く、高品質の大玉柿は大磯の逸品として人気が高いが、生産量が少ないことから市場に出回らず、農家の庭先や直売所、固定客への宅配での販売が中心となっている。「完熟した状態で収穫、販売できるので味は格別。地産地消の良いところです」と鈴木会長。生産農家の連絡先は町のホームページで確認できる。また11月23日(土)にJA湘南大磯支所駐車場で催される「大磯ふれあい農産物まつり」で大玉柿の試食販売が行われる。

担い手不足に新技術も

 大磯で大玉柿づくりが始まったのは40年以上前。大量生産地との差別化を図ろうと、生産者たちが県の園芸試験場とともに果実の大型化に向けて研究を重ねた。同会の生産者たちは現在も毎年の土壌検定や講習会の開催などの研鑽を続けているが、高齢化により14、5軒のうち寺坂や黒岩、国府本郷地区の5、6軒が生産販売を続けているのが実情だ。

 一方で光明もある。県農業技術センターが開発した「樹体ジョイント仕立て」という栽培方法が、大幅な省力化につながると一部の農園で試験導入が始まった。樹高を低く抑えるため脚立作業が不要になり、鈴木会長も「高齢化による担い手不足の解消につながるのでは」と期待を寄せている。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

給食・台風被害に補正

大磯町議会

給食・台風被害に補正 政治

12月定例会の一般会計

12月6日号

太鼓叩いて脳トレも

二宮町上・中町

太鼓叩いて脳トレも 社会

「地域の通いの場」にお囃子

12月6日号

「粋に使って」浮世絵ノート

「粋に使って」浮世絵ノート 文化

 二宮の印刷会社 和紙を製本

11月29日号

出荷シーズン到来

出荷シーズン到来 経済

地場ミカン「湘南のかほり」

11月29日号

はつらつプレー 全国4位

はつらつプレー 全国4位 スポーツ

中井町のパークゴルフ選手

11月22日号

駅前・港整備に高い関心

大磯町議会報告会

駅前・港整備に高い関心 政治

子育て世代も提言

11月22日号

湘南平が開園60周年

湘南平が開園60周年 社会

大磯・平塚で新マップ作成

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

    11月22日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第33回「原敬【8】」文・武井久江

    11月8日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第32回「原敬【7】」文・武井久江

    10月25日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク