大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

出荷シーズン到来 地場ミカン「湘南のかほり」

経済

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
一果ずつ傷の有無を確かめ和紙にくるんで箱詰めする
一果ずつ傷の有無を確かめ和紙にくるんで箱詰めする

 強い甘みと程よい酸味が特徴の地場ミカン「湘南のかほり」の初出荷に向けた選果作業が、11月25日に大磯町生沢のJA湘南大磯柑橘選果場で行われた。翌26日から県内5市場へ送られ、JAでは来年2月中旬までに約8トンの出荷を見込んでいる。

 湘南のかほりは、JA湘南のブランドミカン。無加温のハウスで木の水分吸収を抑えながら栽培し、出荷直前まで木に成らせて成熟させることで、糖度12度以上・酸度1%以下の甘みと酸味のバランスの良いミカンに仕上げている。新鮮さや高級感を演出するため果実に枝と1〜2枚の葉を残し、1果ずつ鮮やかな赤い和紙で包むなど手間暇をかけて出荷されており、贈答用としても人気が高い。12月中旬までは早生品種の「宮川早生」、1月下旬から2月中旬までは「大津4号」が出荷される。

 著名な生産地との差別化を図るため30年ほど前にブランド化し、生産農家も一時は8戸まで広がったが、高齢化による担い手不足などの影響で現在は大磯、二宮、平塚の3戸のみとなっている。

「他に負けない甘さ味わって」

 初出荷に向けた選果作業には、大磯町西小磯の生産農家・二梃木治雄さん(77)の農園から約400kgのミカンが運び込まれ、選果場の職員が果実の色付きや傷の有無などを一つひとつ確かめながら和紙にくるみ、丁寧に向きを揃えて箱詰めしていった。今年の出来について「9・10月の日照不足が糖度に影響しないか心配したが、10月末から天気が持ち直したことで例年並みの出来になった。台風による被害もなく、良い状態で出荷できている。他の品種に負けない甘さを、ぜひ味わってほしい」と二梃木さん。4kg入り1箱3100円(税込)で、JAのネット通販「JAタウン」や、平塚市寺田縄にあるJAの大型農産物直売所「あさつゆ広場」(【電話】0463・59・8304)などで取り扱っている。

生産者の二梃木さん
生産者の二梃木さん

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

「第九」大合唱へ集え兄弟

「第九」大合唱へ集え兄弟 文化

ラディアン20周年に全曲初演

1月24日号

100年前の大磯 鮮明に

100年前の大磯 鮮明に 教育

「助役日誌」をウェブ公開

1月24日号

新成人 先輩がおもてなし

新成人 先輩がおもてなし 社会

大磯迎賓舘の二次会

1月17日号

新島襄 没後130周年

新島襄 没後130周年 社会

大磯で碑前祭や講演会

1月17日号

3町612人が門出

3町612人が門出 社会

新成人も祝賀会企画

1月10日号

火の粉舞う 伝統祭事

火の粉舞う 伝統祭事 文化

北浜海岸で「大磯の左義長」

1月10日号

連覇へキックオフ

星槎湘南

連覇へキックオフ スポーツ

全日本高校女子サッカー大会

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日常使える防災術伝授

あんどうりすさん講演

日常使える防災術伝授

1月25日~1月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

    1月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク