大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

二宮町上・中町 太鼓叩いて脳トレも 「地域の通いの場」にお囃子

社会

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
小泉さん(中央)の指導で小太鼓を叩く参加者
小泉さん(中央)の指導で小太鼓を叩く参加者

 テンテケスッテン、テンテンの小気味よいリズムに乗せて太鼓を叩けば、体がぽかぽか、気分も爽快に―。二宮町の中町公会堂で11月27日、地元や近隣の住民が集う「地域の通いの場」があり、参加者がお囃子の太鼓を演奏する健康づくりで交流した。

 通いの場は、子どもから高齢者まで誰でも参加できるオープンな居場所。地区を単位として、老人憩の家や児童館など町内18カ所で定期的に開かれている。健康体操を主軸にレクリエーションゲームを楽しんだり、おしゃべりをしたりして過ごす。歌声喫茶や演奏会、マージャン、講座などもあり、内容は様々。介護予防や地域のつながりを築くことなども目指し、二宮町で2年前に始まった。

 中町地区では、隣の上町とともに両地区の社協部会が運営。中町囃子保存会の協力を得て、年4回の割合で太鼓演奏を活動に取り入れている。

 この日は16人が参加。太鼓と車のタイヤを代わる代わる叩き、鎌倉囃子のリズムに乗った。指導するのは、同保存会会長の小泉孝之さん=人物風土記で紹介。「腕を上に伸ばすと、肩の体操になりますよ」。お茶で休憩を挟んで約1時間。参加者が真剣な表情で太鼓と向き合い、演奏後は「汗をかいた」「楽しかった」と笑顔を弾ませた。

 「80歳とは思えない小泉会長のバイタリティーに圧倒される」。笛を吹いていた民生委員児童委員の田中篤子さんは保存会の副会長でもあり、「太鼓演奏は通いの場の参加者に好評で、太鼓を叩く運動が全国的に注目を集めている」と話す。

 その名も「エクサドン」は、「エクササイズ」と「佐渡」「太鼓の音のドン」を組み合わせた造語。佐渡市の医師と同市、そこに拠点をもつ鼓童文化財団が、太鼓を用いた健康増進・介護予防プログラムとして普及に取り組んでいる。

 町民俗芸能保存会連絡協議会の会長も務める小泉さんは「リズムやばちさばきを覚えることで太鼓は脳の刺激にもなる。他地区の通いの場でも広がれば」と期待する。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

防災・教育などに重点

二宮町予算案

防災・教育などに重点 政治

庁舎整備計画は再検討へ

2月21日号

初の移住体験バスツアー

初の移住体験バスツアー 経済

1市3町の魅力を紹介

2月21日号

念願叶い新品種認定

念願叶い新品種認定 社会

齋藤廣昭さんの「大磯小桜」

2月14日号

大型事業が一段落

大磯町当初予算

大型事業が一段落 政治

子育て支援など拡充へ

2月14日号

小中一貫校に9配置案

小中一貫校に9配置案 教育

二宮町が意見交換会

2月7日号

初の大規模修繕

大磯駅前洋館(旧木下家別邸)

初の大規模修繕 文化

地元建設会社が施工

2月7日号

春へ前進 梅のたより

春へ前進 梅のたより 社会

旧吉田邸などで開花

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第38回「吉田茂【5】」文・武井久江

    2月14日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク