大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

小中一貫校に9配置案 二宮町が意見交換会

教育

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
意見交換会の参加者=山西小学校
意見交換会の参加者=山西小学校

 小中一貫教育校の導入を目指す二宮町教育委員会は、現在ある小中学校5校を小中一貫教育校2校に再編する計画案とは別に新しい学校配置案を提示し、2月1日と2日にわたり町内3カ所で意見交換会を開催した。

 町教委は昨年5月、小学校3校と中学校2校を段階的に統合し、2030年度を目途に施設一体型の小中一貫教育校2校を一色小と二宮中に設けるという計画案をまとめた。7月と10月に意見交換会を開催。地域から学校がなくなることや通学距離・時間の増大を懸念する声があがり、町教委は町民の意見をもとに当初の配置案(A案)を含むモデル案を示した。

中学3校案も

 新たに加わった配置案は、二宮中と二宮西中に施設一体型の小中一貫校を設置するB案から、町内の小中学生全員が通う校舎を東大果樹園跡地に新設するI案まで8例。

 3つの小学校区に1校ずつ学校を残すF案では、二宮中と二宮西中に一体型の一貫校を設け、一色小に小中一貫教育校の一種である義務教育学校を置く。この場合、中学生も小学生と同様に3校に分かれる。小学校を東大跡地またはラディアン裏に新設して1校に統合させ、中学校を2校とする施設分離型の配置モデルも示された。

賛否さまざま

 山西小学校で1日に開かれた意見交換会には、町議会議員を含む町民13人が集まった。9つの配置案の比較や小中一貫教育のメリットとデメリットなどについて説明があり、参加者から「中学校を3校にしたら部活動をするのがさらに困難になる」「役場庁舎よりも校舎の建設を優先して筋道をつけてはどうか」「先生の負担が増えて子どもにしわ寄せがいかないように」などといった意見が寄せられた。

 子育て中の女性は「通学距離は気になるが施設一体型がよい」と発言。「C・D・E案は地域と学校の連携における評価が△になっているが、中里地区が分断されるなら×ではないか」と評価を疑問視する意見も。小中一貫教育の導入で緩和が図られると期待される「中一ギャップ」について「不安や壁を乗り越えて子どもは成長する。壁を取り払うことがよいのか」という声もあった。

 森英夫教育長は「二宮町の特色ある教育を進めるうえで小中一貫教育校のあり方を示し、さまざまな工夫や方法でデメリットをメリットに変えていきたい」と述べた。

 今後の意見交換会の日程は次のとおり(各回1時間半を予定)。▽2月7日(金)午後6時〜ラディアンミーティングルーム2▽8日(土)午前10時〜一色小学校会議室▽同日午後2時〜二宮西中学校会議室▽13日(木)午前10時〜ラディアンミーティングルーム2(対象は未就学児の保護者のみ)▽15日(土)午前10時〜二宮中学校図書室

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

防災・教育などに重点

二宮町予算案

防災・教育などに重点 政治

庁舎整備計画は再検討へ

2月21日号

初の移住体験バスツアー

初の移住体験バスツアー 経済

1市3町の魅力を紹介

2月21日号

念願叶い新品種認定

念願叶い新品種認定 社会

齋藤廣昭さんの「大磯小桜」

2月14日号

大型事業が一段落

大磯町当初予算

大型事業が一段落 政治

子育て支援など拡充へ

2月14日号

初の大規模修繕

大磯駅前洋館(旧木下家別邸)

初の大規模修繕 文化

地元建設会社が施工

2月7日号

春へ前進 梅のたより

春へ前進 梅のたより 社会

旧吉田邸などで開花

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第38回「吉田茂【5】」文・武井久江

    2月14日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク