大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

大磯町当初予算 大型事業が一段落 子育て支援など拡充へ

政治

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 大磯町は2020年度当初予算案を2月13日に開会した町議会3月定例会に提出した。一般会計は明治記念大磯邸園や大磯港賑わい交流施設などの大型事業が一段落したことを受け、過去最大規模だった前年度に比べ11・7%減の95億7900万円としている。

 歳出面では、子育て世代への支援の推進を図り、10月から小児医療費助成制度の所得制限を撤廃するとともに、通院費助成の上限を現行の「小学6年生まで」から「中学3年生まで」に拡大する事業に8500万円を計上した。また、体育館の天井照明交換など国府小学校施設整備に1020万円、防球ネットの新設など大磯小学校施設整備に940万円を盛り込み、コンピュータ教育推進のため町立中学校にタブレット型パソコンを導入(1220万円)。役場新庁舎の整備に向けた基本構想の策定にも着手する(11万円)。その他の新規事業としては、防災資機材運搬車購入(680万円)、子育て支援拠点施設の運営事務(1360万円)、小規模保育施設の改修費補助など待機児童対策(2630万円)、森林病害虫等対策(100万円)、郷土資料館の空調機更新(420万円)などが計上されている。

 歳入面では、柱となる町税で法人町民税などの増加を見通すものの、固定資産税やたばこ税の減少により前年度比0・2%減の47億7400万円を見込む。地方交付税は4000万円増。大型事業が一区切りついたことで国庫支出金が4億7800万円、県支出金も7800万円の減となり、町債も前年度比59%減の5億5000万円と大幅に減額した。公共施設の維持補修などで不足する財源については、公共施設整備基金や財政調整基金を4億5000万円(前年度比6800万円増)取り崩して賄う。歳入全体に占める自主財源の割合は61・6%。

 3月定例会は3月18日(水)まで。総括質疑は2月21日(金)、一般質問は2月25日(火)と26日(水)に12議員が30質問する。

(2月10日起稿)

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

防災・教育などに重点

二宮町予算案

防災・教育などに重点 政治

庁舎整備計画は再検討へ

2月21日号

初の移住体験バスツアー

初の移住体験バスツアー 経済

1市3町の魅力を紹介

2月21日号

念願叶い新品種認定

念願叶い新品種認定 社会

齋藤廣昭さんの「大磯小桜」

2月14日号

小中一貫校に9配置案

小中一貫校に9配置案 教育

二宮町が意見交換会

2月7日号

初の大規模修繕

大磯駅前洋館(旧木下家別邸)

初の大規模修繕 文化

地元建設会社が施工

2月7日号

春へ前進 梅のたより

春へ前進 梅のたより 社会

旧吉田邸などで開花

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第38回「吉田茂【5】」文・武井久江

    2月14日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク