大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年4月24日号 エリアトップへ

「大磯小桜」を育成し、さくら功労者に選ばれた 齊藤 廣昭さん 大磯町国府新宿在住 84歳

掲載号:2020年4月24日号

  • LINE
  • hatena

桜で返す感謝の思い

 ○…生家の桜を原木に大磯で育ててきた桜が、今年2月に新たな園芸品種に認定された。30年にわたる努力が認められ、このほど日本さくらの会の「さくら功労者」にも選出。「たくさんの方のご協力あってのこと。今後も元気で動ける限り、桜の育成に力を尽くしたい」と思いを語る。

 ○…福島県出身。敷地内にあった桜の古木は木登りや鳥の巣取りなど、幼い頃からの遊び場の一つだった。就職を機に上京。レジスターメーカーのNCRに勤めていた時に、工場が新設された大磯へ赴任した。「海が近くて、なんて良い所なんだろうと思った」。結婚して住まいを構え、3人の子どもを育てる間に60

年の歳月が過ぎていた。「大磯の自然や人の温かさを気に入って、工場が撤退してからも住み続ける人は多い。自分もその一人」とほほ笑む。

 ○…30年ほど前、長野へ花見に出かけた際に郷里の桜を思い起こし「大磯で咲かせよう」と思い立った。以来、多くの時間と労力を桜の育成に費やしてきた。「昔、旅先で親身に世話を焼いてくれた人に理由を尋ねると『自分の息子も神奈川で誰かのお世話になっているから』と答えた」。その言葉が今も心に刻まれている。「生きている以上、自分も誰かに助けられている。桜は自分ができる世間へのお返し」

 ○…本業は内装工事。NCRを退職後、職業訓練校や表具店で修業して独立した。旧吉田茂邸の障子や七賢堂の壁紙を張替えたことも。成長し、今は一緒に働く長男を「関心するほど熱心に仕事をする」と心の中で頼もしく思う。若い頃はヨットや弓道を楽しみ、夫婦で旅行にも出かけた。「今は家にいる事が多い。時々喧嘩をしながら、それでも一緒。それがいいね」と傍らの奥さんに優しく笑いかけた。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

石野 好胤(よしたね)さん

湘南蘭友会会長、西湘蘭展実行委員会の事務局を務める

石野 好胤(よしたね)さん

小田原市在住 76歳

1月22日号

小澤 敦史さん

大磯・二宮・平塚の若手経済人が集まる平塚青年会議所63代理事長の

小澤 敦史さん

平塚市在住 38歳

1月8日号

瀬戸 淳一さん

中井町など県西2市8町を管内とする小田原小売酒販組合・酒販協同組合の理事長を務める

瀬戸 淳一さん

南足柄市在住 67歳

12月18日号

野谷 富雄さん

原木しいたけの栽培を60年以上続けている

野谷 富雄さん

二宮町山西在住 90歳

12月11日号

木村 代紀さん

大磯の湘南ギャラリーえんで個展を開催する

木村 代紀さん

二宮町在住 77歳

12月4日号

廣木 義浩さん

神奈川県美容業生活衛生同業組合平塚支部の支部長を務める

廣木 義浩さん

HAIRGEMS(大磯)店長 52歳

11月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク