大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

人生の歩み記し、なお前進 大磯の「10枚自分史」教室に8人

文化

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena

 大磯町にある交流スペース「こみゅにてー・パティオ海鈴(かりん)」で、自分史教室が3月から6月にかけて開かれた。地元や近隣市町から中高年の男女8人が参加。人生の歩みを記録する自分史づくりに取り組んだ。

 昭和・平成の略年表と照らして生い立ちや思い出深い出来事などを書き込む「簡単手作り自分史ノート」(タウンニュース社製作)を使用。自分史活用アドバイザーのげんまことさんが講師を務めた。新型コロナウイルスの影響で教室が一時休みになったが、「外出自粛」期間中に自分史をまとめ、冊子を作った参加者もいた。

 最終回では各自の作品や自分史づくりの感想などについて発表した。便せん30枚分の文章を書き上げたという二宮町の杉崎朋子さんは、人生における人とのつながりを中心に書き、製本した自分史を家族にプレゼント。「これからも明るく生きたい」と抱負を語った。

 大磯町在住の安藤憲和さんは「『10枚の写真』で綴る自分史」を作成。「生を受けてから今日までを振り返ることができた。生きた証として自分史を子どもたちへ渡したい」と笑顔を見せた。

 「幸せとは自分が意図していくものであることを最後に書きたい」。別の参加者は「性格を変えたくて教室に来たけれど、今ある私を認めてあげてもいいのかなと思えた」と打ち明けた。

 講師のげんさんは「自分史は自分の言葉でありのままの自分を書くことが大切。書き終えたところがゴールではなく、スタートです」と話した。

参加者募集

 第2期の自分史教室が8月からスタートする。自分史ノートを使い、「10枚自分史」を完成させる。文章を書くのが苦手な人にも、まとめ方のポイントをげんさんが丁寧に教えてくれる。

 日程は8月4日・18日、9月1日・15日・29日、10月6日(いずれも火曜日)の全6回。午前9時30分から11時まで。定員8人。参加費1回千円(資料代込みでその都度徴収)。希望者には冊子を作る(製作費別途)。申し込み/海鈴(大磯町東町1の9の17)【携帯電話】070・3526・7310

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

近隣市から参加も

近隣市から参加も 社会

大磯町で体験ツアー

12月3日号

教育委員に末續選手

教育委員に末續選手 政治

大磯町議会 12月定例会

12月3日号

想像力豊かに表現170点

想像力豊かに表現170点 文化

二宮町図書館で子ども作品展

12月3日号

優良農産物を寄付

優良農産物を寄付 経済

二宮町の品評会に111点

12月3日号

NDC教育の成果披露

NDC教育の成果披露 教育

国際的イベントで大磯町

12月3日号

まちかど事件簿

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

輸入生地の小物など展示

輸入生地の小物など展示

木版画家による手仕事作品

12月3日~12月20日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook