大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

食品配布で居場所づくり 二宮の団体がフードパントリー

コミュニティ社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
「みんなのとまり木」の片木代表(中央)とメンバー
「みんなのとまり木」の片木代表(中央)とメンバー

 企業などから寄付された食品を無償で配布するフードパントリーの活動を、二宮町の町民団体「にのみやこども食堂便」が開始した。食品ロスをなくし、人と人をつなぐきっかけを築くことで「緩やかなセーフティネットの居場所づくり」を目指す。

 二宮駅南口の国道1号線沿いに開設したフードパントリー「みんなのとまり木」。米や乾麺、缶詰、レトルト・インスタント食品、調味料、ペットボトル茶、菓子などが並ぶ。公益社団法人「フードバンクかながわ」から提供された。元は、企業や行政などがまだ食べられるのに販売できなくなった食品や、賞味期限が迫った備蓄用の防災食品などをフードバンクへ寄付したものだ。

 8月10日にオープンし、欲しい人が食品をもらって行ったり、訪問先の一人暮らしの高齢者に食べ物を届けたいと民生委員児童委員が利用したりしているという。

 パントリーを主催する同団体は5月下旬から1カ月以上、新型コロナウイルスの影響で休校になった町内の小中学生に給食の代わりとなる弁当を届ける活動を実施した。希望する世帯へ849食を提供。フードバンクの契約団体となり、多くの協力者とつながりを持ったことで、食品ロスを解消しながらコミュニティを形成し、地域のニーズに応える支援活動へ展開した。

 代表の片木康子さんは「社会福祉協議会や地域包括支援センターなどとも連携し、様々な理由でサポートを必要とする人を公的な支援機関につなぐ役割も担っていきたい」と話す。

 開設時間は平日午後2時から4時まで。持っていく品物と数量、メッセージを一言添えてノートに記入する。なお、食品の転売やメーカーへの苦情を付けないことがルール。ボランティアも募集している。
 

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

スクールロイヤーを任用

大磯町

スクールロイヤーを任用 教育

いじめ対応などに法的助言

9月25日号

軍人宰相の一面伝える

徳富蘇峰記念館

軍人宰相の一面伝える 文化

東条英機のはんこ印影展示

9月25日号

大磯の左義長 初の中止に

大磯の左義長 初の中止に 文化

400年続く伝統の火祭り

9月18日号

大磯港新施設 愛称が決定

大磯港新施設 愛称が決定 経済

人や街中をつなぐ観光拠点

9月18日号

修学旅行延期実施へ

町立学校

修学旅行延期実施へ 教育

二宮西中は10月に関西

9月11日号

大豆発酵食品で貧困支援

大豆発酵食品で貧困支援 経済

大磯から日本伝統食を発信

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    大磯歴史語り

    〈財閥編〉第2回「岩崎弥之助(弥太郎)」 文・武井久江

    9月25日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク