大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

初の「非接触」国勢調査 調査票の戸別配布始まる

社会

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
調査員がインターホン越しに説明
調査員がインターホン越しに説明

 5年に1度の国勢調査が、2020年10月1日を基準日に全国で一斉に実施される。これに先立ち、調査員による調査票の戸別配布が9月14日から始まった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、なるべく対面を避けた方法で行われる初の調査となる。

 国勢調査は世帯員の数や性別、出生年月、就業状態などを調べることで、少子高齢化の将来予測や防災計画などに活用する国の最も基本的で重要な統計調査。日本では100年前の1920(大正9)年に第1回の調査が行われている。

 大磯町ではマスク姿の調査員が担当地域を戸別に訪問し、インターホン越しに調査の趣旨説明を行ってから郵便受けに調査票を投函して回った。回答はインターネットや郵送で受け付けるため、調査員による調査票の回収は原則行わないなど「非接触」を基本にしている。調査員の一人は「個人情報を扱うことに細心の注意を払う点は変わりないが、今の時代はネットや郵送で回答するほうが都合が良い世帯も多くなってきている」と地域の反応を語る。

第1回は100年前

 日本で初めて国勢調査が行われた1920年の様子は、大磯町郷土資料館が所蔵する当時の助役日誌からも読み取れる。

 まず国民に国勢調査自体の説明が必要だった。まだテレビなどがない当時は活動写真(映画)が広報に活用されていた。大磯でも事前に大磯小学校で国勢調査の講演会や活動写真が開かれ、会場が満員になったという記録が残る。

 当時は10月1日の午前0時時点にいた場所の人口を調査する方法がとられており、自宅にいなければ別の地域の人口としてカウントされた。大磯の宿屋で宿泊客に用意された申告書=下写真=には「一人も漏れないように」という記述があり、当時の意気込みが伝わってくる。大磯では事前に実施試験や予習調査などのリハーサルを行って、本番に臨んだ。

 調査は事前に対象世帯へ目印となる世帯番号札を貼り付けておき、基準日の2日前から調査員が申告書(調査票)の戸別配布を行って、10月1日に回収した。申告書の配布日は大雨に見舞われ、戸別訪問は困難を極めたとの記述が助役日誌や当時内閣総理大臣を務めていた原敬の日記にある。大磯町(当時は国府村との合併前)では町を37区に分けて調査が行われ、1747世帯・人口8633人と判明した。なお当時の国勢調査員は名誉職で、活動後には記念章が配られたという。

大正9年に大磯の宿屋で使用された国勢調査の申告書(大磯町郷土資料館所蔵)
大正9年に大磯の宿屋で使用された国勢調査の申告書(大磯町郷土資料館所蔵)

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

3町累計で20人が罹患

3町累計で20人が罹患 社会

新型コロナ感染者数

10月23日号

町長動向

大磯・二宮・中井

町長動向 政治

10月23日号

山本洋一さん連勝

山本洋一さん連勝 スポーツ

大磯 秋の町民ゴルフ

10月23日号

えのすい×ビックリマン

近隣イベント情報

えのすい×ビックリマン 経済

コラボイベントが開催中

10月23日号

戦争の記憶 子どもたちへ

戦争の記憶 子どもたちへ 教育

二宮の町民団体が冊子寄贈

10月23日号

エコバッグ作ります

エコバッグ作ります 社会

販促グッズや記念品に

10月23日号

住宅型有料老人ホーム

大磯町大磯に2019年1月オープン「アスカ大磯」ご入居見学随時開催中です

https://www.asuka-care.jp/facility/index/4

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

彫刻と陶芸の夫妻展

彫刻と陶芸の夫妻展

なかい里都(さと)まちCAFE

10月24日~10月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク