大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

六所神社 期間限定御朱印を頒布 県重文の夫婦神像あしらう

文化

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena
限定御朱印を手にする巫女
限定御朱印を手にする巫女

 相模国総社の六所神社=大磯町国府本郷=が所蔵する夫婦神像をあしらった御朱印が、4月頃までの期間限定で頒布されている。神像は同神社御祭神の「櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)」と旦那神の「素盞嗚尊(すさのおのみこと)」と伝えられ、平安時代後期の作。県の重要文化財にも指定されている。

 御朱印は神社仏閣に参拝した際に、その証として受け取る印。印影と墨書の組み合わせからなるものが多く、近年は様々な寺社を巡る「御朱印集め」の人気が高まっている。同神社では以前から「六所神社」と境内の池に祭られている「龍神社」の御朱印を受け付けており、希望する参拝者に頒布していた。

 夫婦神像は県内最古の作品の一つとされ、同神社では10年ほど前から年に1回だけ一般公開を行っていたが、経年劣化が進んだことから2020年を最後に公開を休止した。同神社では「文化財保護のため公開を休止しているが、参拝する皆様に歴史ある神像について知って頂きたいと昨年12月から限定御朱印を頒布している」と語る。

 限定御朱印は両端に夫婦神像を配し、中央に墨書で神社名と参拝した年月日を記したもの。印影は八岐大蛇(ヤマタノオロチ)退治の際に櫛稲田姫命が姿を変えた湯津爪櫛やオロチの尾から出てきた天叢雲剣、稲穂や八雲など、御祭神の神話にちなんだ意匠が施されている。初穂料は500円。参拝の際はマスクの着用など感染症対策に協力を。問い合わせは同神社【電話】0463・71・3737へ。
 

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

実父からの書簡を初公開

吉田茂没後54年

実父からの書簡を初公開 文化

旧邸と郷土資料館で企画展

10月22日号

役場庁舎の浸水防ぐ

中井町

役場庁舎の浸水防ぐ 社会

防災力強化へ止水板設置

10月22日号

10年後の二宮町へ提言

10年後の二宮町へ提言 文化

町民・中学生ワークショップ

10月15日号

名産復活めざし初収穫

二宮町

名産復活めざし初収穫 社会

若手町民らが落花生栽培

10月15日号

一般会計決算を不認定

二宮町議会

一般会計決算を不認定 政治

東大跡地活用など問題視

10月8日号

木谷陽晴(ひばる)君が王者に

二宮中1年

木谷陽晴(ひばる)君が王者に スポーツ

キック アマ34kg級

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook