大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

里山歩きマップを制作し、まちづくり基本計画のイラストも担当した オダギリ ミホさん 大磯町在住

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

日々の感動を描き留める

 ○…大磯の里山を散策して発見したものや心を動かされたことなどを盛り込んだマップを制作。「マダニに咬まれた時に、ネットで調べたら情報が多すぎてかえって不安になった」などの実体験をもとに、マップには応急処置なども記載した。マップづくりをきっかけに地域の歴史や伝承に興味を持ち「最近は本や漫画で日本の歴史を再勉強中」とはにかむ。「マップを手に里山を散策して、身近な魅力を再発見してもらえれば」

 ○…本業はイラストレーター。最新の大磯町まちづくり基本計画のイラストも担当した。大磯で育ち、家の裏山で木登りを楽しむなど活発な幼少期を過ごした。絵を描くことも好きで小学3年から中学生まで絵画教室に通い、高校の進路選択で美大を志望。放課後に予備校で学んで、多摩美術大学に入学した。卒業後は都内の広告代理店でCMやPVのプランナーをしながら雑誌のイラストなども請け負い、4年後に独立。結婚を機に藤沢に居を構え、娘が2歳になった7年前に家族で大磯へ戻った。

 ○…妊娠6カ月から娘が5歳になるまでの5年半を毎日、絵日記で描き続けた。特別な出来事を描くのではなく、何でもない日常を描き留めたそこには、子どもに無償の愛情を注いだり成長を喜ぶものばかりではなく、時に優しくできなくなってしまう瞬間など子育てのリアルを包み隠さず描いた。SNSで公開すると共感を呼び、後に3冊の本にまとめた。「初めて子育てをする人の気持ちを楽にできれば」と原画展も開催。「じっと作品を見ていた男の子が『世間の母親像と蒸発した自分の母親とのギャップに悩んでいたが、少しわかった気がする』と話してくれた時に、やってよかったと思った」としみじみと語った。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

石川 秀隆さん

大磯の湘南ギャラリーえんで「老梅焼」の陶芸展を開く

石川 秀隆さん

山梨県道志村に工房 73歳

4月16日号

渋谷 武美さん

大磯町で彫刻の個展を開催している

渋谷 武美さん

小田原市在住 80歳

4月9日号

オダギリ ミホさん

里山歩きマップを制作し、まちづくり基本計画のイラストも担当した

オダギリ ミホさん

大磯町在住

4月2日号

蓮見 康二さん

2月にJR平塚駅と大磯駅の駅長に就任した

蓮見 康二さん

東京都在住 52歳

3月26日号

笹崎 浩孝さん

大磯・二宮など3市2町を管轄する平塚税務署の第75代署長を務める

笹崎 浩孝さん

横浜市在住 60歳

3月19日号

田中 貴規さん

2020年・21年度平塚逸品研究会の会長を務める

田中 貴規さん

平塚市在住 37歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter