大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

相模新西国三十三観音 12年に1度の御開帳 御朱印の拝領も

文化

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
相模新西国三十三観音霊場マップ
相模新西国三十三観音霊場マップ

 2021年は、平塚・秦野・大磯・二宮の2市2町に点在する「相模新西国三十三観音」が一斉に開帳される12年に1度の年。江戸時代から続く相模の札所巡りが、4月16日(金)から20日(火)までの5日間催される。

 日本各地に伝承されている観音巡り。相模三十三観音は、二宮町の藤巻寺から秦野市の太岳院までの33カ寺を巡拝する。江戸幕府8代将軍・徳川吉宗治世の1745年に始まって以来、270年以上にわたり、12年に1度の丑年に各寺院の秘仏が開帳され、巡拝が行われてきた。

 期間中は各寺院を巡拝して観音像を拝み、御朱印も拝領できるが、別日の実施や開帳しない寺院もあるため注意が必要だ。新型コロナウイルスの感染状況などにより予定が変更になる可能性もあるので、各寺院に確認を。33カ寺のマップは平塚市観光協会のホームページからダウンロードできる。問い合わせは同協会【電話】0463・20・5110へ。

装い新たな寺院も

 第8番の愛執山 普門寺(大磯町寺坂)では十一面観世音菩薩像を開帳する。檀家が無い同寺は、長らく他の寺院による兼務住職となっていたが、2019年4月から兼務住職を務めていた砂越隆侃住職が20年6月から正式に住職に就任して、本堂の建て替えや参道の整備などを行ってきた。「皆さんが気持ちよくお参りできるように整備をしてきたが、御開帳の年に重なり、これもご縁かと」と砂越住職。期間中の午前9時から午後4時頃まで参拝者に対応する。

 第9番の自来山 迎接院(同)も十一面観世音菩薩を開帳。16日午前10時に開扉法要、20日午後4時に結願法要を行う。

普門寺(左)と迎接院
普門寺(左)と迎接院

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

副読本をデジタル化

小学校教科書

副読本をデジタル化 教育

沖田さんが大磯町に寄贈

3月26日号

空き家再生の人材を育成

大磯町

空き家再生の人材を育成 経済

事業運営や支援方法を習得

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter