大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

大磯町で初の個展を開いている 前田 有加里さん 鎌倉市在住 40歳

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena

心なごませる日本画

 ○…とげとげしくない。手のひらで包みたくなるようなサボテンのいとおしさ。タンポポやスミレ、稲穂、蓮の葉とカエル、果実などを描いた日本画に気持ちが安らぐ。ギャラリーさざれ石で7月5日まで個展を開いている。照ヶ崎海岸に飛来するアオバトの作品も発表。植物を中心に制作し、鳥を題材にしたのは初めて。平穏な日常が戻ってほしいという祈りも込めた。「目や表情がある生き物の制作は奥が深い。これを機に新しいお題に挑戦していきたい」と語る。

 ○…金沢市で生まれ育つ。幼稚園の帰り道、兼六園に隣接する美術館をたびたび訪れ、古美術や伝統工芸品、現代アートに親しんだ。「母に『どの絵が好き』と聞かれましたが、後でチーズケーキを食べさせてもらえることが一番の関心事でした」と笑顔で振り返る。絵画教室に通い、図画工作の教科書に載っていた東山魁夷の桜の絵に惹かれる小学生だった。

 ○…画家で食べていくのは難しいと思いつつ、高校では弓道に打ち込んだ。それでも学校にあった合歓(ねむ)の木の花をいつか日本画に描きたいと、京都造形芸術大学へ進学。合歓の花の卒業制作買い上げが、画業への道を決意させた。京都や金沢、銀座などで個展を開催。あるとき展示会で女性が1日目に白菊の作品を、翌日に鮮やかな花の絵を買い求めた。伴侶の命日と女性の誕生日だった。「人の心や人生にそっと寄り添えるような作品が描けたらうれしい」

 ○…3年前、加賀藩前田家の菩提寺である宝円寺の襖絵を手掛けた。前田家の梅鉢紋に由来する紅梅と白梅。寒さの中で開花する梅と、厳しい修行に耐える僧侶のイメージを重ねたという。茶道を嗜み、40歳を機に古都・鎌倉へ移り住んだ。新しい境地の幕開け。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

三枝(みえだ) 公一さん

一般社団法人いつでもどうぞ代表理事で「よろず無料相談」を行っている

三枝(みえだ) 公一さん

二宮町山西在住 54歳

9月17日号

宮下 啓一さん

湘南二宮竹の会の会長を務める

宮下 啓一さん

二宮町緑が丘在住 73歳

9月3日号

関野 茂司さん

社会福祉法人二宮町社会福祉協議会の会長に就任した

関野 茂司さん

二宮町富士見が丘在住 66歳

8月27日号

石井 努さん

大磯プリンスホテルボウリングセンターのプロボウラー(プロショップVEGA所属)

石井 努さん

横須賀市在住 49歳

8月20日号

堀 江里香さん

大磯出身のハワイ移民・後藤濶に関する著書を出版した

堀 江里香さん

名古屋市在住

8月13日号

簑島 利文さん

6月23日付で平塚歯科医師会の会長に就任した

簑島 利文さん

大磯町国府新宿在住 68歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook