大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

画家兼バッジ製作者として活動する 山本 茂富さん 二宮町山西在住 62歳

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena

山への思いをバッジに

 ○…「画家」としての技量を生かすなどし、二宮町観光協会とタッグを組み、吾妻山のオリジナルバッジを製作した。早咲きで全国的に知られるようになった菜の花、山頂のシンボルツリーと富士山をデザイン。「関東の富士見百景にも選ばれているほどの場所。散策の記念や二宮町に関心を抱くきっかけになればうれしい」と目を細める。

 ○…自ら手掛けたバッジは、およそ1千種類以上。地元・丹沢山をはじめ、近県では妙義山や穂高連峰、遠方では桜島や関ケ原を扱ったものまで多岐にわたる。大半は個人的に楽しむための「非売品」だ。もともとコレクターとして市販のバッジを集めていたが、10年ほど前に「自分がほしいものと違う」と思うようになり、自ら製作することを思い立った。過去に描きためた風景画をパソコンに取り込むなどし、次々に具現化。一部は土産店などでも販売されている。

 ○…静岡県出身。3人兄弟の末っ子で、内気な性格だった。小学生の頃の夢は漫画家になることで「ノートにオリジナルの作品を描いては、兄によく見せていましたね」と懐かしむ。高校生の時に画家になることを目指し、芸大に進学。卒業後に開いた個展で妻と出会い、次第に妻が好きだった登山にのめりこむようになったのが今思えば山との出会い。印刷関係の仕事をする傍ら、国内外の山を訪れては風景画を描くなど、芸術家としての腕も磨き続けた。

 ○…体力づくりを兼ね、家の近くの吾妻山の散策を続けている。毎日同じ道をたどっても、季節や天気によって異なる表情は魅力の一つだ。今の目標は「各県の百名山のバッジを仕上げること」と目を輝かせる。さまざまな表現方法が求められる画家としての探求活動に、終わりはない。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

三枝(みえだ) 公一さん

一般社団法人いつでもどうぞ代表理事で「よろず無料相談」を行っている

三枝(みえだ) 公一さん

二宮町山西在住 54歳

9月17日号

宮下 啓一さん

湘南二宮竹の会の会長を務める

宮下 啓一さん

二宮町緑が丘在住 73歳

9月3日号

関野 茂司さん

社会福祉法人二宮町社会福祉協議会の会長に就任した

関野 茂司さん

二宮町富士見が丘在住 66歳

8月27日号

石井 努さん

大磯プリンスホテルボウリングセンターのプロボウラー(プロショップVEGA所属)

石井 努さん

横須賀市在住 49歳

8月20日号

堀 江里香さん

大磯出身のハワイ移民・後藤濶に関する著書を出版した

堀 江里香さん

名古屋市在住

8月13日号

簑島 利文さん

6月23日付で平塚歯科医師会の会長に就任した

簑島 利文さん

大磯町国府新宿在住 68歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook