大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

夏本番 熱中症に注意を 救急搬送者数が増加傾向

社会

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
大磯・二宮・中井町の熱中症による救急搬送者数(7月25日時点)
大磯・二宮・中井町の熱中症による救急搬送者数(7月25日時点)

 梅雨明け前後から最高気温30℃を超える暑い日が続く今夏、大磯・二宮・中井町を管轄する各消防本部では熱中症による救急搬送件数が増え始めたことから、管内に注意と対策を呼びかけている。

小児と高齢者が多数占める

 4連休を終えた7月25日時点までの熱中症による救急搬送者数は大磯町が6人(昨年同時期は3人)、二宮町が2人(同2人)、中井町が2人(同1人)で、大磯町と中井町で昨年より倍増している。3町を合計した10人の内訳は、男性4人・女性6人、世代別では小児が全体の5割、65歳以上の高齢者が4割と大多数を占めた。症状の程度別では重症1人、中等症3人、軽傷6人で死者は出ていない。今夏初の熱中症による救急搬送は大磯町が6月8日、二宮町が6月10日、中井町が7月19日だった。

 発生事例としては、炎天下のなかで水分をほとんどとらずに活動していたケースや、運動中に頭痛や吐き気をもよおしたものなどがあった。大磯町消防本部では「こまめに水分をとっていると思っていても、足りていないことが多い。またスポーツドリンクや塩飴などで塩分も同時に補給してほしい」と話し、感染症対策のためのマスク着用についても「炎天下でのマスクの着用は熱中症のリスクが高まる。人との距離が2m以上確保できている場合は、マスクを外して適宜休憩をとるなどの予防を」とアドバイスする。

屋内でも油断大敵

 熱中症は高温多湿な環境に長時間いることで体温調節機能が正常に働かなくなり、体内に熱がこもった状態。めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気、虚脱感、こむら返りなどが初期症状としてみられ、重度になると意識を失うこともある。炎天下の屋外で活動中に発症するイメージが強いが、締め切った屋内などでも発症する。今夏も高齢女性が屋内で横になっていたところ脱力感を発症し、救急搬送されたケースがあった。神奈川版緊急事態宣言の発出で、自宅で過ごす日が多くなる今夏はとくに警戒が必要だ。中井町を含む2市5町を管轄する小田原市消防本部は「室内ではクーラーを使用して、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけてほしい」と語り、重症化した場合の症状について「受け答えや会話が急におかしくなった、けいれんを起こしているなどの普段と違う症状があれば、迷わず119番通報を」と周囲にも気を配ることを求めている。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

光と祈りで節目を祝う

光と祈りで節目を祝う 社会

澤田美喜 生誕120年記念

9月24日号

吾妻山公園へ送迎実験

二宮町

吾妻山公園へ送迎実験 社会

高齢者などの移動手段検討

9月24日号

傘寿の軌跡 動画自叙伝に

傘寿の軌跡 動画自叙伝に 社会

二宮町の松岡紀雄さん公開

9月17日号

死亡事故ゼロ 過去最長

大磯警察署

死亡事故ゼロ 過去最長 社会

管内で連続1000日超

9月17日号

御神木の売札所あらたか

川勾神社

御神木の売札所あらたか 社会

台風で倒れた400年杉生かす

9月10日号

授業をライブ配信へ

大磯町立学校

授業をライブ配信へ 教育

コロナ下 欠席児童の学習保障

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook