大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

河川プラごみ 空から発見 不法投棄対策にドローン

社会

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena
ドローンを飛ばす県のスカイパトロール隊員
ドローンを飛ばす県のスカイパトロール隊員

 無人航空機のドローンを使って河川への不法投棄を監視するスカイパトロールを県が実施している。大磯町高麗を流れる花水川で10月29日、ドローンを飛ばして空から川の美化活動に対する協力を呼びかけ、ごみを探した。海洋汚染の一因になっているプラスチックごみをなくそうとする取り組みのひとつ。

 「不法投棄パトロール中です。ごみは持ち帰りましょう」。金目川下流部の花水川に架かる花水橋付近。上空のドローンからアナウンスが流れた。スピーカーを搭載したドローンが土手に戻ると、もう1機別のドローンが飛び立った。

 操縦するのは、県の不法投棄監視職員。2人1組になり、ドローンのカメラがとらえた映像を手元のモニターで見ている職員が、パイロットを務める職員に「ストップ」と声をかける。ごみを見つけたので、静止画を撮影するという。河川敷や川の中など約300m四方をドローンでパトロールした。

海への流出防ぐ

 かながわ海岸美化財団の調査報告によると、海岸ごみの約7割は河川から流れてきたものだという。同財団が1年間に回収する人工ごみの60%近くにあたる約400tがプラスチックごみで、年々増加傾向にある。

 県は、河川のプラスチックごみなどの流出をいかに抑えるかを課題と位置づけ、早期発見・早期回収するためにドローンを導入。2020年1月から週1回程度、相模川と中津川の流域でスカイパトロールを試行した。今年1月からは対象河川を増やし、金目川(花水川)と酒匂川、水無川でも始めた。

 やぶが茂っていて車や人が入れない河川敷、川の中洲、目視で確認できない場所などのごみの有無や種類を把握しやすくなった。ごみの記録画像は河川を管理する県の土木事務所へ提供し、地元市町村やボランティア団体・企業などとも連携した清掃活動に役立てる。

 県資源循環推進課の職員は「ドローンを活用したごみパトロールは全国でも少ないのでは。不法投棄をしない意識付けとともに『かながわプラごみゼロ宣言』の実現を目指していく」と話す。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大河ゆかりの地 各所に

鎌倉殿の13人

大河ゆかりの地 各所に 文化

頼朝・政子・曽我兄弟ら

1月21日号

戦略推進の中井町に金賞

戦略推進の中井町に金賞 社会

シティプロモーション表彰

1月14日号

大磯市(いち) 2年ぶり復活

大磯市(いち) 2年ぶり復活 経済

ウィズコロナの手法模索

1月14日号

3町632人の門出祝う

3町632人の門出祝う 社会

新成人実行委の企画も

1月7日号

初のリニューアル

澤田美喜記念館

初のリニューアル 文化

生涯たどり功績伝える

1月7日号

大磯の虎御前を訪ねる

大磯の虎御前を訪ねる 文化

ゆかりの地 延台寺など

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook