大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

左義長 2年連続で中止に 不特定多数の来場は「時期尚早」

文化

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena
2年前の左義長の様子
2年前の左義長の様子

 大磯左義長保存会は11月23日に役員会を開き、来年1月の開催に向けて検討を進めていた「大磯の左義長」の中止を決定した。今年に続き2年連続。現在は沈静化している新型コロナの年明けの状況が読めないことや、町内外から訪れる不特定多数の来場者を規制しきれないことなどから苦渋の決断を下した。

 大磯の左義長は、大磯北浜海岸沿いの下町9地区で小正月に行われてきた道祖神の火祭り。海岸にわらや各地区から集めた正月飾りなどを積み上げて高さ7〜8メートルの「サイト」を作り、1年の家内安全や無病息災を願って一斉に火をつける。江戸時代から400年にわたり続く祭りで、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。

 保存会ではサイトの材料となるわらや松の調達などの準備を進めていたが、この日の協議で「時期尚早」という意見が大勢を占めたことから中止を決定した。二梃木政義会長は「もう1年我慢して、次こそは皆が同じ方向を向いて安心して開催できることを願っている」と語った。

 正月飾りなどは自治会ごとに回収し後日、保存会がまとめてお焚き上げを行う。また「一番息子」や「オカリコ」など祭り前の伝統行事も中止するが「各地区の道祖神を提灯で飾って明かりを灯し、地元住民がお参りだけでもできるようにしていきたい」と保存会。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

詐欺被害防止へ協定

松田署と足柄歯科医師会

詐欺被害防止へ協定 社会

8月12日号

町長動向

町長動向 政治

大磯・二宮・中井

8月12日号

地域の「ミライ」語らう

地域の「ミライ」語らう 社会

石神台で意見交換会

8月12日号

地域に元気とつながりを

地域に元気とつながりを 社会

二宮でいきいきフェス

8月12日号

工藤麻紀子さんが個展

工藤麻紀子さんが個展 文化

平塚ゆかりの作品も

8月12日号

まちかど事件簿

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook