大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年12月10日号 エリアトップへ

設立20年を迎えた葛川をきれいにする会の一員として活動を続ける 奈良 淑子さん 二宮町百合が丘在住 81歳

掲載号:2021年12月10日号

  • LINE
  • hatena

ごみにも「ありがとう」

 ○…「ごみを拾って川がきれいになるのがうれしくて」。2001年に設立された二宮町の「葛川をきれいにする会」が、11月で通算308回の清掃を行った。20年前から活動してきた最多参加の会員。「会が続いているのは、立ち上げた人もそうだが、参加者が少ない時期も黙々と清掃を続けた奈良さんたちがいるおかげ」と事務局の野谷悦さんはいう。『清掃活動20年記念誌』の表紙絵を描き、2ページに渡る特別寄稿も書いた。

 ○…定年退職後、町の広報を見て入会。「長靴を履いて川にじゃぶじゃぶ入るのは、大人だって楽しかったですよ」とほほ笑む。川の中のごみだけでなく、土手や道路にあるごみも気になり、陸の清掃を担当する。回収するごみ全体の量は減っても、ビニールごみは沢山。同会で富士山清掃に参加し、青木ヶ原樹海に入ったときは業者が岩場の隙間に投棄したと思われるごみを目にした。「ごみといっても元々は私たちがお世話になった物。『ご苦労さまでした。ありがとうございます』といって拾います」と考えを巡らせる。

 ○…美術大学で日本画を学び、片岡球子さんに指導を受けた。美術教師を経て結婚。転勤族の父が住まいを構えた二宮町に暮らして約50年。「仕事から帰ると、幼稚園のシスターが子どもに会いに来てくれていました。多くの方に助けてもらって感謝しています」。二宮西中学校の近くを流れる中村川にもお気に入りの場所があるという。

 ○…早朝から散歩に出る。友人に倣って、約1時間から1時間半かけてごみを拾いながら歩くのを習慣にする。「ごみを拾うのは勇気がいりますが、仲間がいると心強い。ごみを捨てる人が減ってくれれば」。グループ展に出展し、創作にも意欲を注ぐ毎日。

<PR>

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

小島 拓さん

大磯二宮漁業協同組合の組合長を務める

小島 拓さん

大磯町西小磯在住 40歳

5月20日号

大谷 周さん

観光地引網 市五郎丸の4代目親方を務める

大谷 周さん

二宮町二宮在住 50歳

5月13日号

小室 充孝さん

神奈川県弁護士会県西支部長に就任した

小室 充孝さん

小田原市在住 57歳

5月6日号

荒井 範郎さん

中井町を含む県西2市8町を所管する神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

荒井 範郎さん

横浜市在住 58歳

4月29日号

高野 幸代さん

大磯でお茶の栽培や普及に取り組む

高野 幸代さん

大磯町大磯在住 46歳

4月22日号

柄澤 俊介さん

大磯町に本拠地を置くSEISA OSAレイア湘南FC監督を務める

柄澤 俊介さん

寒川町在住 48歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元プロがサッカー指導

元プロがサッカー指導

中井町でスポーツイベント

6月5日~6月5日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook