大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

ゲームで運営訓練 二宮町 避難所研修に100人

社会

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
避難所運営ゲームで避難者の受け入れを疑似体験する参加者
避難所運営ゲームで避難者の受け入れを疑似体験する参加者

 大地震が発生したときに様々な避難者が集まることを想定した二宮町の広域避難所運営研修が、二宮小学校体育館で先頃行われた。地区長や民生委員児童委員、学校関係者、町職員など約100人が参加。避難所運営ゲーム(HUG)で避難者の受け入れや対応方法について図上訓練した。

 12グループに分かれた参加者は、避難所となる町立体育館や学校体育館の平面図を広げ、受け付けや発熱者用の隔離場所などをどこに設置するかを決めた。「92歳認知症」「37・7度の熱がある」「盲導犬と一緒」などと避難者の情報が書かれたカードを進行役が読み上げ、プレーヤーは避難者の属性を考慮して割り振りを判断。1人分のスペースに見立てたそのカードを図面の中で適切と考えた位置に並べた。

 ゲームでは「車で帰宅途中の人が休ませてほしいと来た」「列に割り込む人がいる」といった要望や出来事も生じ、「地区外の人も受け入れる」「若い人に手伝いを頼もう」などと一つひとつの解決策を探った。

 「避難所運営は司令塔の役割が非常に大事。体力と精神力がいるので、何人かでやらなければ」と参加者。講師を務めた東京経済大学の吉井博明名誉教授は「避難所の管理運営はそれぞれの地域で担う必要がある。多様な避難者と場面を想定し、対応力をつけるためにマニュアルを読み直し、実働訓練を重ねてほしい」と助言した。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

「移住に関心」12組を案内

「移住に関心」12組を案内 社会

大磯町でツアーと交流会

5月27日号

対面とオンラインを併用

対面とオンラインを併用 政治

大磯町で卓話集会

5月27日号

まちかど事件簿

10回記念の演奏会

10回記念の演奏会 文化

西湘フィル管弦楽団

5月27日号

町民と意見交換

町民と意見交換 政治

大磯町で議会報告会

5月27日号

小林さんが2年連続V

アマゴルフ高校生の部

小林さんが2年連続V スポーツ

上級生との接戦制す

5月27日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元プロがサッカー指導

元プロがサッカー指導

中井町でスポーツイベント

6月5日~6月5日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook