大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年4月8日号 エリアトップへ

部活動の二宮モデル探る 地域移行へ課題検証

コミュニティ教育

掲載号:2022年4月8日号

  • LINE
  • hatena
フットサルを楽しむ生徒(二宮中学校提供)
フットサルを楽しむ生徒(二宮中学校提供)

 休日の部活動を2023年度から段階的に地元の団体などへ委ねる地域移行に向けて、二宮町で実証実験が行われた。地域密着型スポーツクラブのラビッツクラブ湘南二宮が、町立中学校生徒にフットサルを指導。このほど結果報告がまとまり、部活動に対価を支払う受益者負担への理解や事業としての採算性などの課題が示された。

 「大磯町の中学校と合同チームを組んだり、他校は合同チームを解消できても自校は単独で試合に出られなかったりする部活動がある」。部員不足についてそう説明するのは、同クラブ代表の小林等さん。背景に少子化があり、競技経験がなくて指導にあたっている教員が少なくないことや、長時間労働による教員の過度な負担も部活動の現状と課題だという。

 文部科学省が打ち出した地域移行は、持続可能な部活動と学校の働き方改革の実現がねらい。地域のスポーツクラブや文化団体、企業などが学校に代わる受け皿となることが期待されている。

 二宮町での実証実験は部活動を担うスポーツクラブの創出と地域活性化を目指したもので、経済産業省が進める「未来のブカツ」事業に採択された。JTBが事業主体となり、同クラブが指導者を派遣。町教育委員会が協力した。二宮中学校体育館で昨年12月から今年1月までの日曜日にフットサルを7回実施し、二宮中と二宮西中の生徒延べ29人が参加した。

 生徒アンケートではフットサルの感想として8割が「満足」と回答。「またやりたい」「習ったことを部活(サッカー)に生かしたい」などと意見があった。地域移行については教員の66・7%が「賛成」、「反対」はなかった。

 実証実験では町教委や学校、企業・団体などへの聞き取りと検討会も行い、受益者負担や事業運営のための資金調達、指導人材の確保などの課題が抽出された。小林さんは「他種目団体とも連携して二宮モデルを構築したい」と話す。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

歌声高らかに自作曲

二宮町の守屋さん

歌声高らかに自作曲 文化

ウクレレ国際大会2位

6月24日号

新区割り案 中郡分断

衆院選挙区

新区割り案 中郡分断 社会

二宮町は17区へ

6月24日号

県水質調査で判定「A」

大磯海水浴場

県水質調査で判定「A」 社会

海開きは7月3日

6月17日号

水道基本料金を免除

中井町

水道基本料金を免除 政治

生活支援などへ補正予算

6月17日号

ペッパーと「親切って何」

ペッパーと「親切って何」 教育

二宮町立一色小で道徳授業

6月10日号

安全性向上を先行承認

大磯駅前広場整備

安全性向上を先行承認 政治

修正後の予算案 町議会で可決

6月10日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook