大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年4月22日号 エリアトップへ

大磯でお茶の栽培や普及に取り組む 高野 幸代さん 大磯町大磯在住 46歳

掲載号:2022年4月22日号

  • LINE
  • hatena

お茶に込める地元愛

 ○…海外のおすすめの紅茶や自園の和紅茶などを扱うネットショップを運営。昨年から大磯で畑を借りて茶の栽培を始めた。茶の兼業農家でもある夫の裕一さんと二人三脚での新たな挑戦。「結婚を機に大磯に住んで自然や歴史、人の温かさが大好きになった。大磯でおいしいお茶を育てて、皆さんに飲んでもらいたい」。鴫立庵でお茶の講座やお茶会を開くなど普及活動にも取り組む。

 ○…意外にも生家はコーヒー党。大学を卒業するまで紅茶は市販のティーバッグを飲む程度だったという。カフェ経営を志し勉強をしている時にスリランカ産の紅茶に出会い「こんなにおいしいものなのか」と感激。現地の茶園見学ツアーに参加するほど夢中になった。紅茶専門店で働いた後、両親も住む札幌で自分の店を開業。世界の紅茶でアフタヌーンティーが楽しめる人気店だったが、建物の老朽化などで8年で閉店。今後について悩んでいる時に耳の手術で入院し、一時的な味覚障害も発症。心身共につらい時に遠く神奈川からこまめにメッセージを送って心の支えになってくれたのが、以前お茶のイベントで知り合った裕一さんだった。

 ○…結婚を機に大磯へ。小路を散策したり、海を眺めながらお茶を楽しんだりとすっかり気に入っている。「大磯をもっと知って、広めたい」とガイドボランティアにも登録、現在研修中だ。「たとえば吉田茂が飲んでいた紅茶はどこのものなのかなど、大磯の歴史とお茶をつなぐようなアプローチもしてみたい」と目を輝かせる。

 ○…コロナ前は夫婦で各地の茶園を巡った。新婚旅行先の台湾で、観光そっちのけで茶園やお茶の専門店を巡り、後から裕一さんに「研修旅行だった」とぼやかれたのも今では夫婦の笑い話。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

藤井 香大(きょうた)さん

神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部長に就任した

藤井 香大(きょうた)さん

小田原市在住 51歳

6月24日号

秦野 寛さん

摘出医、移植医として「湘南アイバンク」の活動に協力する

秦野 寛さん

大磯町在住 73歳

6月17日号

森山 智美さん

ドキュメンタリー映画「大地の再生の詩」上映会の実行委員長を務める

森山 智美さん

二宮町中里在住 36歳

6月10日号

倉橋 光男さん

足柄交通安全協会の会長に就任した

倉橋 光男さん

中井町在住 69歳

6月3日号

高岡 俊之さん

4月に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月27日号

小島 拓さん

大磯二宮漁業協同組合の組合長を務める

小島 拓さん

大磯町西小磯在住 40歳

5月20日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook