大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

神奈川県弁護士会県西支部長に就任した 小室 充孝さん 小田原市在住 57歳

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena

仏のように穏やかに

 ○…弁護士会県西支部には相模川以西18市町村の弁護士137人が所属する。社会で起こるトラブルの解決に当たる弁護士も、時代に即して変化していく。民事裁判のIT化や、2006年に全国的に始まった「労働審判手続」を小田原の裁判所でも行えるよう求めた意見表明をするなど「支部として大きく音頭をとることはできないけど、トレンドに合わせてやらなければならないことをやっていく」と責任感をにじませる。

 ○…小田原出身でサッカー少年だった。外向きの顔は穏やかだったが「内弁慶で兄とよく喧嘩をしていた」と笑う。父が教員で「勉強はするもの」と思って育った。小田原高校、早稲田大学と進学。公務員志望だったが、石川達三の『青春の蹉跌』や高橋和巳の『悲の器』の小説に登場する弁護士に魅せられた。「一匹狼でカッコいいイメージが強かった。当時はいきがっているところもありますから」。在学中に司法試験に挑戦するも不合格。卒業後も諦めきれず、小田原市役所に勤めながらコツコツと勉強を続けた。約15年後、ようやく地道な努力が実った。「よくモチベーションが持ったな」

 ○…息抜きは仏像彫刻。厄除けで参拝した大雄山最乗寺で仏像教室のチラシを見て勇気を出して入会した。彫っている間は「ほかのことを何も考えない。仏のように人相も良くなればいいですね」との淡い期待も。

 ○…地域に根付き幅広い案件を扱う「町弁」と自称する。当時憧れた小説に登場する専門性の高い弁護士とは異なるが「ただ何と言いますか」と一息置き「人に話すだけで不安が消えることがあるじゃないですか。ありがとうと言われるとうれしい」とやりがいと責任感を感じて社会に向き合う。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

藤井 香大(きょうた)さん

神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部長に就任した

藤井 香大(きょうた)さん

小田原市在住 51歳

6月24日号

秦野 寛さん

摘出医、移植医として「湘南アイバンク」の活動に協力する

秦野 寛さん

大磯町在住 73歳

6月17日号

森山 智美さん

ドキュメンタリー映画「大地の再生の詩」上映会の実行委員長を務める

森山 智美さん

二宮町中里在住 36歳

6月10日号

倉橋 光男さん

足柄交通安全協会の会長に就任した

倉橋 光男さん

中井町在住 69歳

6月3日号

高岡 俊之さん

4月に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月27日号

小島 拓さん

大磯二宮漁業協同組合の組合長を務める

小島 拓さん

大磯町西小磯在住 40歳

5月20日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook